書籍・雑誌

『山の音』

あるきっかけから、30年ぶりに 川端康成の『山の音』を再び読みました。

前に読んだ時とは、違った印象がありました。

『山の音』は、そんなに長くない小説だと思っていたのですが、(薄い文庫本の印象)1センチちょっとくらいの厚さがありました。

今の世の中のテンポの速い動きの中では、ちょっと違和感があって、若い人たちには、合わないかもしれませんが、私は見落としていたものをみつけたような、ちょっと立ち返ったようなそんな印象を持ちました。

私に、きっかけを与えてくれたのは、日本在住のアメリカ人。もちろん、日本語ペラペラです。

日本語で読んだのかな??

続きを読む "『山の音』" »

『海賊とよばれた男』

本屋大賞受賞の話題作 『海賊とよばれた男』 (百田尚樹著)

とにかく面白い。通勤電車では、めったに本は読まない私ですが、通勤電車でも読みたくなります。お勧めの1冊です。

無料ブログはココログ