« ちょっと遅めの新年会 | トップページ | 今日ふと思ったこと »

wineチャレンジ

1昨日 ワイン教室(サロン)へいきました。
ちょっと面白い、なかなかない講座ではないかと思います。完全にテイスティングの勉強です。自分では、絶対に出来ないかな?と思います。
<今の世界のトップレベルを知ろう! 今のトレンドは?>


第20回ジャパン ワイン チャレンジ (アジアで最大規模のコンクールの一つ、2017年8月15日~17日)が開催され、世界30か国から、1700点を超す出品があり、インターナショナルトロフィー11点、リージョナルトロフィー39点、プラチナゴールド20点、金賞121点、銀賞429点、銅賞798点が決まりました。
コンクールの疑似体験を通じて、実際に受賞したワインの品質評価をし、世界のトップレベルを知りましょう。
というテーマです。
第1フライト
白ワイン 4本 品種は、シャルドネ100%
第2フライト
スパークリングワイン 4本
テイスティングは、50ml ですが、 8本全部飲み切ると、400ml ボトルの半分以上飲んだことになります。しかも1時間程度で。もちろん、出してもかまいません。
すべて、賞を取ったワインですから、どれもおいしいです。甲乙つけがたいのが正直な感想です。プラチナ賞かもしれないけど、自分は 銀賞のほうが好きというのは、ママあることだと感じます。酸味の強いのが好きな人、樽を使ったものが好きな人、フルーティなのが好きな人、さまざまだと思います。
正直なところ、第2フライトのスパークリング、2本は、高級シャンパーニュだったのですが、瓶内二次発酵の香りが、酵母・パン・トーストを通り越して、醤油みたいにかんじられ、そこへ甘い匂いが加わり、みたらし団子のたれのような匂いに感じてしまいました。お値段は、とても高かったのですが・・・
第1フライトの1本は、大分県の安心院(あじむ)ワインでした。シルバー賞でしたが、美味しいと思いました。以前、安心院のアルバリーニョをのみましたが、これもとてもおいしかったです。安心院ワイン、日本ワインの中では、お勧めです。どちらも税込み3000円程度です。
グループで話し合いをしていて面白いと思ったのは、第1フライトの3番が、樽が強調されていました。私は、樽を使ったものはどちらかというと好きな方なので、いいと思ったのですが、最後に位置付けた人が多かったです。
でも、結果は、ゴールドでさらにトロフィー受賞でした。
面白いと思います。
前回の講座で、樽を使いすぎだという評価のものがあったので、確かに迷うところではあります。

来月は、赤ワイン編です。




Img_3926

Img_3913

« ちょっと遅めの新年会 | トップページ | 今日ふと思ったこと »

ワインあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと遅めの新年会 | トップページ | 今日ふと思ったこと »

無料ブログはココログ