« 閲覧歴 | トップページ | wineチャレンジ »

ちょっと遅めの新年会

久しぶりに、日記を書きます。
今日は、久しぶりに(1年ぶりに)いろいろな人に会ったら、何となく嬉しくなって、書きたくなりました。

そう! 毎年恒例の「ちょっと遅めの新年会」でした。
新潟の先生と生徒さん(合宿でいろいろお世話になった懐かしい方々です。そういえば、合宿もここ数年参加していません。合宿の時は、通常レッスンがお休みになるから、帰省していました。)との再会。
ほかの先生の生徒さんとのアンサンブル(私は、同じパートでした)
今年は、2回も演奏しました。


一つは、オープニングとして恒例となってしまった、クローバズです。曲は、ハイドンの弦楽四重奏「ヒバリ」より、第3楽章
練習したのは、1月と2月、1時間を2回だけ。(私たち、プロじゃないんだけど・・・)といつも思いますが、他に時間が取れないので、仕方ありません。
練習でうまくいかなかったところは、3回ともクリアしたけど、思いもかけないところで入りそこないました。休みで他のパートを聞き惚れていると、自分が出そこなってしまします。
2回目は、ちゃんと入ったから、許してね・・!
3月、もう一度弾くチャンスがあるので、今度は、完璧に入れたいと思います。


もう一つは、ウクレレとギターのアンサンブル、総勢15名。
こちらは、3時間半を3回 練習しましたが、全員そろったのは、今日のリハーサルでした。
「茶色の小瓶と聖者の行進」のメドレーです。
ハイドンの「ひばり」に比べたら、弾きやすいし、同じパートの人がいるから、安心、安心。
本番は、練習より結構速いテンポでしたが、みんな乗りに乗って弾いたように感じました。
これは、このテンポに乗るしかないと思いました。
楽しい演奏でした。

アレンジも面白かったと思います。どのパートにも、主役がありました。
また、男性ヴォーカル、女性コーラス2名、途中で歌がはいり、さらに、先生のウクレレアドリブあり。
聞いている人は、さぞかし、面白かっただろうなと確信しています。


別れ際、来年の曲の候補がもう出ていました。

« 閲覧歴 | トップページ | wineチャレンジ »

津田倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 閲覧歴 | トップページ | wineチャレンジ »

無料ブログはココログ