« トレド | トップページ | トレド 第2日目 その2 »

トレド 第2日目 その1

朝、ゆっくり朝食を食べて、チキトレインに乗るために、ソコドベール広場へと向かいます。
 
カテドラルの前を通っていくつもりでしたが、途中で道が わからなくなり・・・
私は、夫の言う道で合っていると思うのですが、夫は、自分が来た道は、途中どこかで間違っていると言うのです。
というのは、トレドという町は、もともと外敵が入ってきたときに、敵を迷わせるために作ってあるため、地図があっても非常にわかりにくいのです。通りの名前の札も、ところどころにしかありません。
1日目、ガイドさんと歩いた時、道の左側に 門のような木戸がありました。その木戸を閉めると誰だって、どこかのお屋敷だと思います。ところが、その木戸の向こうは、道なのです。
木戸をくぐって行くのが正しい道で、そこを通ると、カテドラルの前に出ます。
しかし、木戸をくぐらずに そのまま行くと 川のほうへ出てしまうのだそうです。
敵が入ってきたら、きっと、木戸を閉めてしまったんですね。
話を元に戻すと、少し戻って、 カテドラルの標識を見つけ、歩いていくと、前日ガイドさんとくぐった木戸のところに出ましたので、そこを通って、カテドラルの前へでました。
それから、まっすぐに行けば、ソコドベール広場へ行くのですが、途中に5差路 があり、どれが、地図で見るまっすぐな方向なのかがわかりません。交差点の土産物屋のおばちゃんが店の前に立っていたので、「コソドベール広場どっち?」と尋ね、指さしたら、向こうもこっちと指さして教えてくれました。
その道を歩いていると、反対側から、人がたくさんやってきます。
広場に着いたバスをおりて来た人たちなのかもしれません。
土曜日でしたし、とても賑わっていました。




Dsc05927

<チキトレイン> 

6.5€/ 1人 だったと思います。

11時の始発に乗ろうと 10時半ごろ(途中、ちょっとうろうろしたので、40分くらいだったかな)広場に着くと、もう並んでいました。切符を買って待っていると、50分ごろ電車に乗せてくれました。

最初、窓にガラスがないのではないかと思っていたのですが、窓には、プラスチックのようなカバーがありましたが、後ろと前の席は、割れたのか、カバーがありませんでした。

定刻に出発。日本語のイヤホンガイドがあるので、とても、わかりやすいです。

最初川沿いに走ってくれるので、中にいては 見られないものをいろいろ見ることができます。街が世界遺産だというその意味がよくわかる気がしました。

Dsc05937

川の外から見た、アルカサルとアルカンタラ橋

Dsc05946

川の外からみた、カテドラル(裏側)

時間に余裕があれば、チキトレイン は、ぜひ おすすめします。

« トレド | トップページ | トレド 第2日目 その2 »

スペイン旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トレド | トップページ | トレド 第2日目 その2 »

無料ブログはココログ