« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

シュペートブルグンダー

1月のワインお勉強は、「シュペートブルグンダー」(ピノノワール)でした。
「シュペートブルグンダー」(ピノノワール)は、私が大好きなブドウ品種です。先生が、「繊細な女王様ぶどう」とニックネームをつけていましたが、栽培が難しい品種です。
フランスだと「ピノノワール」といって、ブルゴーニュが有名ですが、ドイツだとこれが「シュペートブルグンダー」となります。「シュペート」というのは、「遅摘み」「ブルグンダー」は、ブルゴーニュの意味です。
ある程度講義がおわったら、⑥のロゼで新年の乾杯!
①~④を試飲して、どれが好きですか?の質問。それは、なぜ?
13人中、10人が②  (私もその一人です。)
⑤は、価格の差がありすぎるということで、はずされていました。
いろいろ解説を聞いた後、①~⑤の1本は、ドイツではなく、ブルゴーニュのものです。さて どれでしょう?という質問。
さすがに、これは難問でした。でも、6人くらいの方が、当たっていました。(素晴らしい!)



読んでいただいてる方、ラベルをよ~く見ると、どれがブルゴーニュだか、わかりますよ。
(写真は、クリックすると拡大します)

025

026

                                                                

②のワインのラベル ちょっとおもしろいでしょ?
イソップ童話「きつねとぶどう」からとったものだそうです。
作り手の心理(皮肉?)が 込められてるとも言えそうです。
このラベルの②番が、大人気のワインでした。
 

030

032

 
 
右側は、VDPのロゴです。(VDP=ドイツ高品質ワイン醸造家協会)
VDPに加入している印です。この協会は、世界的にも高い評価を得ていて、ゆるぎない品質のワインを生産するメンバーによって組織され、ドイツの優良優良ぶどう畑を確認するための指標にもなっているそうです。ただし、ドイツのワイン法に規定されたものではありません。
ドイツのシュペートブルグンダー、美味しいですよ! (私は、大好きです。)
地球温暖化の影響で、ドイツワインは、これからますますよくなるでしょう!という結論でした。

レクイエム Op.89

先週の日曜日、こんなちょっと変わったコンサートへ行きました。
背景の写真は、チェコのプラハのようです。(旅行した時を思い出しました。)

Img_0001

Img_0002

Img_0003

1年間かけて練習します。

コーラスは、普通のアマチュアの方ですが、長年やっていらっしゃるようで とても上手です。

オーケストラの伴奏で歌えるなんて、いいですよね!

でも、練習の時はピアノです。本番のまえ、1~2回 オケ合わせがあるだけだそうです。

もう来年の曲、本番の日も 公開されていました。

Img

1月のワイン会 価格の差

ほぼ毎月、レストランのワイン会とかワイン教室のワインサロンとか参加していたんですが、何も残さないまま昨年は半年終わってしまいました。

今年は、記録として(知識の安定のため)できるだけ 残していこうと思います。
自宅近くの小さな個人経営のレストランで毎月1回 ワイン会を開催しています。
ワインの勉強や楽しみ、ワインの幅が広がるようにというお店のポリシイです。
お料理も凝っていて、ワインに合うもので、とてもおいしいです。
ワインも6種類 + ブラインド1種類
1月のテーマは、「価格の差」でした。値段の差は、どこから来るのか・・・ということです。
そして、すべてアメリカ、カリフォルニア州とワシントン州のワインでした。作り手(ワイナリー)も同じです。ブドウの品種・作り方は、違います。
出されたワイン、実は、2700円から4500円と けっこういいものだったので、あまり差はなく、どれも美味しかったです。(家では、いつも1000円程度ですから 笑)
①②は、シャルドネ100%の白ワイン (ワシントン州)
値段の差は わずか600円 ②は、大好きな香りと味のワインでした。有機栽培のブドウを使用。樽の使い方が 絶妙な感じで、複雑さをましていました。
③④は、ジンファンデル100%とジンファンデル90%+プティシラー10%
ジンファンデル(イタリアでは、プリミティーボ)は、糖度が高いので、アルコール度数も高くなりがちです。14.9%と15.5%でした。これも、価格の差は600円、高い方は、ブドウ畑を厳選し、樽熟成が長くなっています。タンニンと酸のバランスが非常に良く樽の使い方がうまいと思います。
⑤⑥カベルネソーヴィニヨン他のボルドーブレンドとカベルネソーヴィニヨン90%+マルベック10% マルベックが入っている方は、やや紫がかった感じ。これが一番高いワインでしたが、個人的には、②と④が好みでした。ヴィンテージも一番古かったのですが、もう少し寝かせてもいいのかもしれません。
ブラインド・・・ブドウの品種は当たったのですが・・軽いか重いかではずれでした。(残念!)
最近、ブドウの品種は、当たることが多くなったのは、嬉しい限りです。
今回は、抜栓をさせていただきました。
フイルムを切るのがなかなかうまくいきません。ソムリエナイフの根元から・刃先へと動かします。根元ばかり使っていたように思いました。とてもいいアドバイスをいただいたなと思います。
レストランでも鮮やかに抜栓してくれるソムリエばかりではないです。くるくる瓶を回したソムリエもいました。
このレストランのソムリエは、これだけの会を開くだけあって、抜栓もとても鮮やかで手つきが美しく、あっという間にコルクが抜かれています。

Img_2130_2

Img_2126

Img_2128

Img_2129
そして、お土産にサバーガー(サバをサンドしたバーガー)を いつもいただきます。

サバ処理と甘酢生姜、トマトのバランスが絶妙です。

いつも、翌日の朝ごはんとなります。

酉のお菓子

Img_2114_2

お正月に福引を引いて、いただいたお菓子です。

ドラ焼きみたいですが、もっと薄くて、皮はひきがあり、中のあんこには、求肥が少しはいっていました。

谷中七福神

天気が良くて比較的暖かだった1月7日 谷中の七福神めぐりをしてきました。
御朱印をいただきながら回ったのは、初めてです。
田端駅に降りたときは、団体のかたが大勢いらして、さぞかし混雑することだろうとおもっていましたが、途中から、団体さんはいなくなり・・予定通りの時間でまわってくることができました。

Img_2098

4泊のお泊まり会 

冬休みを利用して、AZちゃんのお泊まり会をしました。
最初は、1泊のつもりだったけど、もう1泊・もう1泊と 結局4泊になりました。
最後の日は、大みそかで、おばあちゃんは、おせちづくりに忙しかったので、つまんなくなってママのお迎えがちょっと待ち遠しかったね!「ママ、遅い!」を連発しちゃったね。
思い返せば、ちょうど3年前、KZちゃんが生まれたときが、初めてだったね。
ママを病院へ送って、AZちゃんと2人で電車に乗っておばあちゃんちへやってきたのでした。
そして、元旦 KZちゃんを連れてママが帰ってきました。
ちょうど3年前でした。
AZちゃんは、6歳になりました。4月から、ランドセルをしょって小学校へ通い始めます。

初詣

今年の元旦は、とてもいい天気でした。
雲一つない真っ青な快晴。
そんな天気に誘われ、トリプル参りをしてきました。
どこだか、わかりますか?

Img_2090_2


Img_2091



Img_2092

新年 明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い申しあげます。

Img_2066

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

無料ブログはココログ