« ワイン造り体験 | トップページ | マンサリーリャ シェリー »

甲州ブドウのワイン

もう一つ ワイナリーを訪れました。(グレイスワイナリー)
 
甲州種でワインを作り、ロンドンにある世界的なワインコンクールで見事に金賞を受賞し、昨年新聞などに特集されていたワイナリーです。(16年も賞を取っています)
 
まず、畑へ行き、甲州種を見せていただきました。いわゆるブドウ棚です。
この棚にも「仕立て」「一文字仕立て」と枝の伸ばし方が違うことを初めて知りました。
 
ブドウ棚の下に立って、ブドウが列状に実っていたら、「一文字仕立て」、縦にも横にもぶどうが実っていたら、「X仕立て」というようなイメージです。
 
このワイナリーの畑は、「一文字仕立て」でした。ブドウの収量は、少なくなるけど、それだけ凝縮した味のブドウとなるそうです。つまんで食べていいといわれたので、食べてみると、甘くてすっぱくて、美味しいです。
 

Img_1817_2

Img_1819        

         

ブドウに日差しが良く当たるよう、葉っぱをとって手入れが行き届いていました。

ワイナリーハウスへもどり、テイスティング。

甲州種から、4種、シャルドネ1、メルロー(赤)の6種類を味わいました。

甲州種4種は、畑違い、樽かステンレスタンクか、圧搾の度合い などが、違っていました。

2番が美味しくて、お値段も手ごろでした。買って帰りましたが、まだ、飲んでいません。

子供にお土産として渡したら、さっそく飲んで、「超 美味しかった」とメールが来ました。彼女が苦手な、つんとした酸味がなかったそうです。

実は、2番のワインは、EU輸出用に作られたワインでした。

 
勝沼ぶどう郷駅、外から見るとステンドグラスが、素敵です。なんだか、ブドウをおもわせるようなデザインです。

左は、訪れたワイナリーの正面です。

Img_1812Img_1811_2

   
試しに植えたら、育ったというコルクの木がありました。

Img_1824_3

Img_1823_3

幹をさわったら、やっぱり弾力がありました。

2016.9.3 グレースワイナリーにて

« ワイン造り体験 | トップページ | マンサリーリャ シェリー »

ワインあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワイン造り体験 | トップページ | マンサリーリャ シェリー »

無料ブログはココログ