« WSET試験を受けて思うこと(その2) | トップページ | ワイン会 自由なワイン赤(8月) »

ワインセミナー ソーヴィニヨン・ブラン(8月)

今月のワインセミナーは、ソーヴィニヨン・ブランでした。暑い夏の日に飲むワインには、ぴったりです。
何を飲んだかというと、
①チリの「リミテッド・セレクション」 (モンテス 天使の絵がついたスーパーなどでよく見るおなじみのものです)
②ニュージーランド、マールボロのソーヴィニヨン・ブラン(ドッグ・ポイント・ヴィンヤード)
③フュメ・ブラン・ナパ・ヴァレー  (ロバート・モンダヴィ・ワイナリー)
④プィイ・フュメ・バロン・ド・エル(フランスロワール地方、シャブリに近い場所)
お値段も2052円から14040円まで、7倍の差があります。    
 
個人的には、ソーヴィニヨン・ブランは、あまり好きではありません。他にクラスに3名いました。
何が嫌いか・・・あの青臭さ、ピーマン・アスパラガス・草・芝のような匂いです。
でも、それが大好きな人も大勢いるわけで、ソーヴィニヨン・ブランは 好き嫌いが二極化すると先生がおっしゃっていました。
温かい地方になると、ピーマン・アスパラ香が、ゆでたアスパラとなります。今回①は、まさに大量にゆでたアスパラの匂いでした。
以前、クラスで飲んだニュージーランド・マールボロのソーヴィニヨン・ブランは、ピーマンの匂いがとても強かったのですが、今日の②は、そこまではありませんでした。やや控えめな感じ。
③は、樽を使い、色もやや濃く、MLF・シュールリーも しているらしく、バター・トースト・乳酸の香りや味が、青臭さを隠しているように感じます。アルコールも高く、14.5% そこまで高いとは、感じなかったのですが。なかなか美味しいワインでした。
 
お値段は、4298円。 買いますか?
 
一番おいしかったのは、④フランスです。もちろんフランスきってのソーヴィニヨン・ブランの名醸地です。主張が控えめで、出しゃばらず、余韻も長く、気品のある香りと味でした。
最高のワインですが、お値段も最高。ちょっと家庭では、手が出ません。
記録のために書いています。
6月・7月は、体調不要で書いてないので、思い出すために そのうちUPしたいと思います。

« WSET試験を受けて思うこと(その2) | トップページ | ワイン会 自由なワイン赤(8月) »

ワインあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WSET試験を受けて思うこと(その2) | トップページ | ワイン会 自由なワイン赤(8月) »

無料ブログはココログ