« 魔の6月 | トップページ | WSET試験を受けて思うこと »

WSET レベル3 アドバンスト 合格!

昨日所用で少し遅くなって帰宅の途中、ワインの友達から、メールが来ていることに気づきました。
見出しを見ると、「ワインの試験の結果が届きました・・・・」見出しは、そこまでです。
 
ああ! 彼女は、きっと受かったんだな・・・いいなぁ~ きっと我が家のポストにも結果が届いているんだろうなぁ~自分は、受かっているかどうかわからないから・・
その先をすぐに読む気になれず、そのままにして、自宅へ急ぎました。
途中、「ぎりぎりの滑り込みでいいから、合格させてください」と神様に祈る思いでした。

試験は、筆記とテイスティングの2種類です。片方のみ受かった場合は、残る片方の追試験を10月に受けることができます。
テイスティングがダメだったら、追試験を受けるつもりでした。テイスティングについては、もっといろいろ勉強したり、試飲してみたいと思っています。
筆記だったら・・・もう一度あれだけの勉強をする気にはなれず、あきらめるつもりでした。
そんなことを考えらがら、歩いているうちに 自宅に到着。郵便ポストを開けると、・・・
入っていました。WSET代理店からの封筒が。
恐る恐る取り出し、手で封筒を端から抑えていくと・・・・・ちょっと厚みのあるコロンとしたものが入っているようです。
やった!! 合格だ!!
階段を駆け上がり、リビングへ。 はさみで封筒を開けると、合格証書・成績表・事務局からの手紙、そして、さっきのちょっと厚みのあるコロンとしたもの(これは、ソムリエバッジです)が入っていました。
成績をよく見ると、予想以上。  <Pass with Distinction > で 合格できました。

Img_1709




~WSETとは・・?~

Wine & Spirit Education Trust > のことで、本部は ロンドンにあります。

世界62か国で採用されている資格です。したがって、世界レベルの資格と言えます。

レベル3の上に レベル4 Diploma が、あります。これは、すべて英語。しかも、UNIT6まであります。ワインで仕事をしようと思う人向けといったらいいでしょうか。

日本にも まだ20数名しか 資格取得者はいないそうです。

 

これで、私にとって『試験のためのワインの勉強』は、終わりです。
せっかく覚えた知識・地名・・忘れないようにしないと・・知識が豊富さは、テイスティングに繋がりますから。
これからは、美味しく、味わいながら、テストだったら、何て書くかなんて考えずに 飲めそうです。(笑)

« 魔の6月 | トップページ | WSET試験を受けて思うこと »

ワインあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔の6月 | トップページ | WSET試験を受けて思うこと »

無料ブログはココログ