« WSET レベル3 アドバンスト 合格! | トップページ | ディズニー・オンアイス frozen »

WSET試験を受けて思うこと

レベル3の試験を受けたのは、4月10日 3か月以上も前のことです。答案は、ロンドンへ送られ、採点して、合格者には、ロンドンから合格証とバッジが届きます。

試験から、かなり時間がたったので、興奮は抜けてしまいましたが、レベル2・レベル3(IHC)レベル3(Advanced)と3回の試験を受けて、まず感じたことは、レベル3(IHC)を受けて、レベル2の知識が完全となり、レベル3(Advanced)を受けて、レベル3の内容が、しっかり頭に入ったという印象です。

レベル3(IHC)とレベル3(Advanced)は、どう違うのかというと、テキストやスタディガイドは同じですが、試験の中身が違います。

★レベル3(IHC)は、テイスティング1本(15分) 50問の四択問題(60分)

★レベル3(Advanced) は、テイスティング2本(30分) 50問の四択問題+大問5問(それぞれに小問が4~5) (120分)

以前は、日本語で受験できるのは、レベル3(IHC)までで、レベル3(Advanced)は、英語での受験のみでした。

今年の春から、レベル3(IHC)の試験がなくなり、代わりにレベル3(Advanced)が、日本語で受験可能となったのです。わたしが、勉強していたのは、そのちょうど変わり目の時で、昨年秋の受験の時は、レベル3(IHC)かレベル3(Advanced)を選択することができるラッキーな年でした。自身のある人は、迷わずレベル3(Advanced)を選択されます。

私は・・・<記述対策を行う絶対時間があるかどうか>を考えました。平日の昼間は仕事、アンサンブルの練習もしなければなりません。土日をいかにうまく活用するか・・1週間で何時間くらいワインの勉強のために時間が取れるかを考えたとき、記述の勉強までは、無理ではないかという結論に達し、レベル3(IHC)受験を選んだのでした。

しかし、今後 レベル3(IHC)はなくなるわけだし、日本語で受験できるのなら、やっぱり

レベル3(Advanced)が、欲しい

①ダメもとで レベル3(Advanced)をうけて、半年後、再受験するか。

②IHCを受けて、半年後、改めて Advanced を受けるか・・・

悩んだ挙句、②を選択した次第です。

そのおかげで、レベル2と合わせて、3個の バッジを いただくことができました。

しかも、良い成績が合格証書に記載されています。(うれしかったです。)

« WSET レベル3 アドバンスト 合格! | トップページ | ディズニー・オンアイス frozen »

ワインあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WSET レベル3 アドバンスト 合格! | トップページ | ディズニー・オンアイス frozen »

無料ブログはココログ