« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

ヤマハ合同発表会2016

今日は、恒例の「ヤマハ大人の音楽レッスン 合同発表会」でした。
今年は、第1部で 午前中。朝5時に起きて 練習して参加された方もいらっしゃったようです。
グローバーズは、「ロミオとジュリエット」を演奏しました。
ソロは、今年はなし。6月~7月 体調をくずしたので、・・・
ランチを兼ねた打ち上げに参加する予定でしたが、急に用事ができて、みなさんと一緒にビールが飲めなかったことが、ちょっと残念でした。

ディズニー・オンアイス frozen

ほとんどの学校が終業式だった7月20日 「ディズニー・オンアイス frozen」を 見に行きました。私は、初めてだと思っていたのですが、娘から、「昔 新聞屋のおじさんにただ券もらって、行ったことあるよ」と言われました。自分でお金を払っていないから、きっと覚えていなかったのでしょう。
ネットで、ディスカウントチケットを見つけたのでそんなに高くはなかったのですが・・・・
実は、予想外のことが・・・

原宿駅を降りると、とても蒸し暑いです。その時に限って、日もさしていました。
そんな中、可愛いオラフやアナとエルザのついたとても持ちやすそうな容器に入ったかき氷を売っていました。
おいしそうだね・・heart
他にも、ポップコーンコーンとか、いろいろ・・
2つ買うことにしました。容器は、お土産に持って帰れるとはいえ、非常に高い かき氷でした。
AZ/KZが、ひとしきり食べたのち、おこぼれをもらったのですが、なーにも味がしない。色もついてない。 ??? なぜ?
どうやら、ストローで、甘い汁のところだけ、吸ってしまったようです。

中へ入ると、またまた、売店。そそくさと 通り抜け 席について、やれやれと思っていたら、お兄さんが、いろんなものを持って、売り歩いているではありませんか。
雪の結晶の形をした電気で光る棒とか、そのたぐいのものをいろいろ・・
綿菓子とかポップコーンとか・・
そして、小さい子供たちが、棒を持ってキラキラ光らせて遊んでいます。
それを見れば、そりゃ~欲しくなりますよね!

とうとうまた2つ買う羽目になりました。
チケットではなく、そういうものの売り上げでかなり稼いでいるんだなぁと感じました。
「Frozen」のDVDを何度も見ていたので、ショーは、楽しめました。
有名な歌、さわりのセリフなどは、そのままです。雪も降らせて、楽しいショーでした。

WSET試験を受けて思うこと

レベル3の試験を受けたのは、4月10日 3か月以上も前のことです。答案は、ロンドンへ送られ、採点して、合格者には、ロンドンから合格証とバッジが届きます。

試験から、かなり時間がたったので、興奮は抜けてしまいましたが、レベル2・レベル3(IHC)レベル3(Advanced)と3回の試験を受けて、まず感じたことは、レベル3(IHC)を受けて、レベル2の知識が完全となり、レベル3(Advanced)を受けて、レベル3の内容が、しっかり頭に入ったという印象です。

レベル3(IHC)とレベル3(Advanced)は、どう違うのかというと、テキストやスタディガイドは同じですが、試験の中身が違います。

★レベル3(IHC)は、テイスティング1本(15分) 50問の四択問題(60分)

★レベル3(Advanced) は、テイスティング2本(30分) 50問の四択問題+大問5問(それぞれに小問が4~5) (120分)

以前は、日本語で受験できるのは、レベル3(IHC)までで、レベル3(Advanced)は、英語での受験のみでした。

今年の春から、レベル3(IHC)の試験がなくなり、代わりにレベル3(Advanced)が、日本語で受験可能となったのです。わたしが、勉強していたのは、そのちょうど変わり目の時で、昨年秋の受験の時は、レベル3(IHC)かレベル3(Advanced)を選択することができるラッキーな年でした。自身のある人は、迷わずレベル3(Advanced)を選択されます。

私は・・・<記述対策を行う絶対時間があるかどうか>を考えました。平日の昼間は仕事、アンサンブルの練習もしなければなりません。土日をいかにうまく活用するか・・1週間で何時間くらいワインの勉強のために時間が取れるかを考えたとき、記述の勉強までは、無理ではないかという結論に達し、レベル3(IHC)受験を選んだのでした。

しかし、今後 レベル3(IHC)はなくなるわけだし、日本語で受験できるのなら、やっぱり

レベル3(Advanced)が、欲しい

①ダメもとで レベル3(Advanced)をうけて、半年後、再受験するか。

②IHCを受けて、半年後、改めて Advanced を受けるか・・・

悩んだ挙句、②を選択した次第です。

そのおかげで、レベル2と合わせて、3個の バッジを いただくことができました。

しかも、良い成績が合格証書に記載されています。(うれしかったです。)

WSET レベル3 アドバンスト 合格!

昨日所用で少し遅くなって帰宅の途中、ワインの友達から、メールが来ていることに気づきました。
見出しを見ると、「ワインの試験の結果が届きました・・・・」見出しは、そこまでです。
 
ああ! 彼女は、きっと受かったんだな・・・いいなぁ~ きっと我が家のポストにも結果が届いているんだろうなぁ~自分は、受かっているかどうかわからないから・・
その先をすぐに読む気になれず、そのままにして、自宅へ急ぎました。
途中、「ぎりぎりの滑り込みでいいから、合格させてください」と神様に祈る思いでした。

試験は、筆記とテイスティングの2種類です。片方のみ受かった場合は、残る片方の追試験を10月に受けることができます。
テイスティングがダメだったら、追試験を受けるつもりでした。テイスティングについては、もっといろいろ勉強したり、試飲してみたいと思っています。
筆記だったら・・・もう一度あれだけの勉強をする気にはなれず、あきらめるつもりでした。
そんなことを考えらがら、歩いているうちに 自宅に到着。郵便ポストを開けると、・・・
入っていました。WSET代理店からの封筒が。
恐る恐る取り出し、手で封筒を端から抑えていくと・・・・・ちょっと厚みのあるコロンとしたものが入っているようです。
やった!! 合格だ!!
階段を駆け上がり、リビングへ。 はさみで封筒を開けると、合格証書・成績表・事務局からの手紙、そして、さっきのちょっと厚みのあるコロンとしたもの(これは、ソムリエバッジです)が入っていました。
成績をよく見ると、予想以上。  <Pass with Distinction > で 合格できました。

Img_1709




~WSETとは・・?~

Wine & Spirit Education Trust > のことで、本部は ロンドンにあります。

世界62か国で採用されている資格です。したがって、世界レベルの資格と言えます。

レベル3の上に レベル4 Diploma が、あります。これは、すべて英語。しかも、UNIT6まであります。ワインで仕事をしようと思う人向けといったらいいでしょうか。

日本にも まだ20数名しか 資格取得者はいないそうです。

 

続きを読む "WSET レベル3 アドバンスト 合格!" »

魔の6月

どうも、私は6月と相性が悪いらしい。
なぜなら、どこかしら、調子が悪くなるのである。
一昨年は、帯状疱疹・・幸いにも足に出て、軽くてすんだのだが。
その前は、膀胱炎。
今年は、咳。目覚めてすぐ、ひどい咳をしながら、食器をががんで撮ろうとしたとき腰にピリッと痛みが走り、とうとうぎっくり腰となってしまった。

・・・・最悪・・・
ぎっくり腰には、13年前、苦い経験がある。今思うと、若かったんだなぁとつくづく思う。
病院へ行って、消炎鎮痛剤を飲み、コルセットをしていると、治ったような気分になり、いつものように動いていたら、とうとう3日目、歩くどころか、立てなくなり、どうしようもなくなった。
寝がえりすら痛くて苦痛で、普段寝ている布団が、重くて重くてどうしようもなかった。
そんな経験から、今回は、仕事を3日間休ませてもらい、第1日目は、、とにかくおとなしく寝ていた。2日目、すこし楽になったので、近所の病院へ行き、念のため レントゲンを撮ってもらった。(骨密度が低いから)第3日目も、用心して、家でごろごろしていた。 この3日間、実によく眠った。昼も寝て、夜も 眠れるのである。自分でびっくりするくらい、よく眠った。
そんなこんなで、6月後半から、7月の三分の一が 過ぎてしまった。
腰は、だいぶ良くなった。咳は、まだ、少し・・・
早く、梅雨が明けて欲しい。 梅雨が明けると、完治すると確信している。
暑いけど、エアコンの冷風に悩まされなくなるのである。
 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

無料ブログはココログ