« ハンターバレー ワイナリーツアー (第3日目) | トップページ | アルモニコスコンサート »

武満徹 ギター曲

今日、2月20日は、作曲家 武満徹氏の没後20年の命日だそうです。

武満氏は、ギターソロ曲を4曲作曲されています。武満氏がギターソロ曲を作るきっかけとなったのが荘村氏で それをきっかけに、いろいろなご縁があったそうです。

今日は、荘村氏が武満氏を偲び、ギターソロ曲を全曲演奏されました。

武満氏の曲は、非常に難しく、ともすれば、心地よい眠りを誘います。コンサートの途中、寝ちゃうんじゃないかと心配ではありましたが、全曲演奏なんてまたとない機会ですから、スピカのメンバーと出かけました。

いざ、始まると、聞いていて面白いんです。本当に不思議な曲です。ギターの音色が美しくてとても調和しているんです。

以前に聞いた時は、(初演コンサートを始め、何回か聞いた記憶があります。) わけわからず、曲の流れが、まったくわからなかったのですが(たぶん、途中瞬間的に意識がなかったのかもしれません。) 今日は、まったく違った印象を持ちました。

でも、やっぱり難しい曲だと思います。きっと、聞いた人によって、いろいろなとらえ方、感じ方があることでしょう。100人きいたとしたら、100とおりの景色・色があったと思います。

子供が、ちょっぴり大人びて、ちょっぴり満足して、ちょっぴりうれしくなって、でもまだまだ子供・・・そんな気持ちになったコンサートでした。

躊躇したけど、行ってよかったなと思ったコンサートでした。

余談ですが、武満氏直筆の楽譜や初演のときのプログラムなども展示してありました。

東京文化会館所蔵となっていました。

« ハンターバレー ワイナリーツアー (第3日目) | トップページ | アルモニコスコンサート »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンターバレー ワイナリーツアー (第3日目) | トップページ | アルモニコスコンサート »

無料ブログはココログ