« ブルーマウンテンズ (2日目) | トップページ | ハンターバレー ワイナリーツアー (第3日目) »

ワインのテイスティング(テンプラリーニョ)

月に1回、ワイン教室へ通っています。もちろん、ワインのテイスティングもあります。

時には、自分では絶対に買えない(買わないではなく)ワインが、出てくることもあります。

昨日は、「テンプラリーニョ」がテーマでした。「テンプラリーニョ」は、スペインで作っている黒ブドウ品種です。たくさんの別名も持っています。(ティンタロリス・アラゴネスなど)

今日のは、非常に難しかった。同じ品種、同じ国、しかも非常に近い地域のワインなのです。

伝統的な手法ではないやり方で、若い人たちが研究して作っているものだそうです。すごく似ているようで違うような・・4種類のうち、1種類だけは、いろも風味もちがっていました。

そして、4種類、値段も、かなり違いました。

①3000円 ②4500円 ③13000円 ④9300円

まずは、人気投票 ②と④ にきれいにわかれました。実は、ワインのスタイルも②と④は、違っています。はっきりと好みの違いがでたのかな?と思います。

今回の4種類は、非常に色が濃く、アルコールも高く、14.0%と14.5%。以前持っていたテンプラリーニョとイメージが全然違っていました。

私は、どのグラスをどのボトルと結びつけたらいいのか、まったくわかりませんでしたが、見事に当てた男性が2名、いらっしゃいました。

最後に先生が、「③のワイン買いますか?」と聞かれ、いいとは思うけど、私は、たぶん買わないだろうな・・13000円使っていいなら、ブルゴーニュのグラン・クリュを買います。

« ブルーマウンテンズ (2日目) | トップページ | ハンターバレー ワイナリーツアー (第3日目) »

ワインあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーマウンテンズ (2日目) | トップページ | ハンターバレー ワイナリーツアー (第3日目) »

無料ブログはココログ