« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

お彼岸

今日は、彼岸明け。 今年のお彼岸は、いかにもお彼岸らしいいい天気が多かったように感じます。特に、自分が休み(特に予定のない日)に晴れると、掃除・洗濯がたくさんできるので、余計に晴れの印象が強いのかもしれませんが・・・(仕事の日だと、1日ビルの中にいますから、あまり、天気を感じないのです。)

ほぼ毎年、お彼岸には、おはぎをつくるのですが、今年は、団子になりました。

理由は・・・?

AZちゃんが、やってきたからです。そうなんです!AZちゃんが、丸めてくれました。たぶん、粘土遊びの感覚でまるめたんじゃないかな・・・

ゆであがると、仏様にお供えして、AZちゃんは、早速試食。 「5個たべる!」と言って、5個、ぺろりと平らげてしまいました。

リーブラ・ビッグフェスタ 2014

<リーブラ・ビッグフェスタ、2014> 入場無料

2014年 9月28日 (日)  12時30分~

男女平等参画センター 「リーブラ」 3~5階 (最寄り駅:田町)

今年も スピカで演奏します。

<演奏予定曲目>

♪ スカボロフェアー 

♪ ドンジョバンニのセレナーデ 

♪ キサス!キサス!キサス!

♪ 花は咲く

♪ 秋桜

楽しい催しがたくさんあります。

どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。

丹三郎

古里の駅から5分くらいのところに珍しい蕎麦屋があります。

教えていただいたのは、ギターの先生でした。茅葺の古民家を利用したお店です。

私が予想していたより、広々としていました。そばとうどんがあります。どちらもおいしいです。

Dsc03755

Dsc03753

Dsc03756

Dsc03757

クリックすると、大きくなりますので、字が読めますよ。

この建物は、<東京都選定歴史的建造物>だそうです。

予約していたので、座るとすぐにいろいろ出てきました。まず、最初のおしぼり。

なんと、和てぬぐいで、丹三郎と文字が染めてあります。こんなおしぼりも初めてです。

Dsc03759

Dsc03760

Dsc03761

Dsc03762

Dsc03763

Dsc03764

Dsc03765

Dsc03767

Dsc03768

あらら・・・

天ぷらとざるそばの写真がない! 写真撮り忘れて食べてしまったみたいです。

ざるそば、ざるうどん、温うどんは、食べ放題。(何杯でもお替わりできます。)そして、それぞれ、薬味がちょっとずつ違う気配りでした。

Dsc03766←友達が食べた温うどん。

私は2枚(ざるうどんとざるそば)しかたべられなかったけど、最高5杯食べた人もいました。(ざるそば2、ざるうどん1、温うどん2)

のど越しがよく確かに何杯でも食べられます。

それに汁の味がなかなかおいしいのです。蕎麦がきもありました。その汁もカツオが効いただしでとても美味しかったです。東京の味と少し違う感じです。

最後のデザートも5種類から選べます。

そばもち、そば饅頭、ぜんざい、そばアイス、ゆずシャーベット だったと思います。

これで、税抜2500円 そば膳コースです。

お店は、予約しておくことをお勧めします。

下見に行ってくれた友達は、30分以上待たされたそうです。

今回は、人数も多かったし、コースを予約していたせいが、スムーズに出てきました。

秋の遠足 part1

今日は、とてもいい天気でしたね。

朝から何回も洗濯機を回しました。休みの日に晴れるといろいろやりたくなりませんか。

昨日の土曜日は、曇っていたけれど、ハイキングにはもっともふさわしい日でした。今日だったら、暑すぎただろうと思います。

いつもの仲間と「大多摩ウォーキングトレイル」を歩いてきました。3時間のコースです。

なかなかいいコースだったと思います。

奥多摩駅~数馬峡~白丸ダム・白丸魚道~鳩ノ巣渓谷~雲仙峡~展望台~古里駅

奥多摩駅を出てしばらく行くと、コスモスと栗のお出迎え。秋が来ていることを感じました。

Dsc03724

Dsc03725ed


数馬峡橋のあたりには、古民家を生かした森のカフェ「アリスガーデン」、玉堂歌碑、橋を渡った先には、手作り味噌のお店などもありました。味噌屋でゆず味噌を購入。白みそではなく、茶色です。さっそく、今朝、キュウリにつけて食べました。ゆずの香りがとってもいいです。

Dsc03726

Dsc03728_2

Dsc03741_2


白丸ダムのところに魚道というものがありました。「魚道」というのは、魚の遡上を。高さ約30mのダムがさえぎっていたのを、平成13年に新型の魚道を設けて上流への通り道を開いたもの。対象魚は、アユ・サクラマス・ヤマメだそうです。

Dsc03731

Dsc03733

Dsc03734

途中に滝もありました。

Dsc03746

最終目的地は、<古里>もう少しです。

一面ベゴニアに似た花が咲いている場所がありました。

何という花なんでしょうか?

Dsc03752

続きを読む "秋の遠足 part1" »

明日は敬老の日

明日は、敬老の日、自治体や町内会などで、いろいろな企画や催しがあるみたいです。

80を過ぎた故郷の母は、今日敬老会に行ってきたとのこと。すると、偶然隣に座られた方が、私の小学校の(高校まで同じ)同級生のお母様だったそうです。お互い覚えていて、懐かしく話をしたそうです。

どこで、誰に会うかわからないものですね。その友人とは、卒業以来会っていません。小学校の時は、仲良くしていただき、お互いの家に遊びに行ったり来たりしていたので、親同士も覚えていたんでしょうね・・・きっと。

彼女にも会いたいな・・・・

そして、時間は、さかのぼり、昨日、1通の葉書がポストに入っていました。

誰からかな???

ワクワクしながら、差出人をみたら、 ・・・ ○○幼稚園

そう、AZちゃんからのおたよりでした。

  • 「自転車に乗りたいAZより」

と幼稚園の先生が書いてくださっていました。

そういえば、自分が子育てしていたとき、幼稚園の先生から、「祖父母の住所を書いた葉書を持たせてください。」と言われたことがありました。幼稚園で、絵を描いて、先生が投函してくださったようです。親は、何を書いたのか全く知らず、祖父母から突然電話がかかってきて、びっくりしたこともありました。

懐かしく思い出した一コマでした。

ハロウィンには、少し早いけど

Dsc03692

かぼちゃのケーキです。かぼちゃをくりぬいて中に、かぼちゃプリンとかぼちゃモンブランが詰めてあります。甘すぎず、さっぱりした味でした。

器になっているかぼちゃもおいしかったですよ。

コール・グランツ10周年

今日は、合唱のコンサートへ行ってきました。

地元ではないけれど、近くです。今回で4回目 今年は、10周年記念コンサートでした。

とても楽しくて、とても幸せな気分で帰ってきました。毎回そうです。実は、第1回からず~っと聞いています。前回一緒に行った友達を誘ったら、ぜひ行きたいとの返事、彼女もきっと気に入っているんだと思います。

今回は、指導者・指揮者で二期会会員でバリトン歌手の先生が 10周年のお祝いに4曲も歌ってくださいました。素晴らしかったです。

20周年を目指して、これからもず~っと歌い続けてください。

(コール・グランツの大ファンより)

録音を聴いて

きょう、発表会で弾いた曲の録音を聞きました。(あまり聞きたいとは思わなかったのですが、いつの間にか、流れていて・・・)

予想どおり、ひどいものでした。

でも、自分では全く気付いていなかったことを、いくつか発見しました。

なるほど、客席では、こんな風にきこえていたんだ・・と 意外な部分もありました。練習していたとき、録音録ってみようかなと思わないでもなかったのですが、恐ろしくて、できなかったというのが本音でした。

「ソナティナ・フロランティーナ」は、全3楽章からなる大きな曲です。それぞれ特徴があって、面白いです。また、いつか、チャレンジしてみたいと思います。出来れば、全楽章一緒に。

YAMAHA クラッセ発表会 2014

年に1度の恒例行事が、いつものように行われました。とはいっても、今年は、1月半くらい遅く、9月の第1週目でした。

疲れました。緊張しました。今までのなかで、一番緊張したといってもいいくらい緊張しました。別の表現をするとしたら、たくさんの爆弾をかかえ、それがいつ破裂するか?いくつ爆発するか?そんな気分の1週間だったのです。

本番は、夕方で、それまでに疲れ果て、すでにあきらめと開き直りのような心境でもありました。これも、初めてのことでした。

   どういうことかというと・・?

本番の1~2週間前に、暗譜していたはずのものが、ガラガラとくずれ始めたのです。この1年くらい、忘れないようにず~と弾いていた曲でした。なので、家では、楽譜も広げず、指が勝手に弾いていたのです。だから、音は間違っていなくても、指が違うと、その次が出てこないのです。

鼻歌を歌うように家で弾きながしていたときは、薬指で弦を弾いていたのに、本番がちかづくと、やはりどこか気持ちが変わり、自然と中指が出てきて、中指で弾いてしまう。すると、その次が、どうだったのか。全く分からないのです。

そんな場面が1~2週間前から、あちこちで出始め、当日の朝は、本当にむちゃくちゃでした。

気持ちは、余計にあせってしまいます。

原因がわかったところは、一つずつ修復していきましたが、次、どこでそれが出てくるか、・・ず~っとものすごい不安を抱えたままの本番だったのでした。

演奏は、ひどいものでしたが、聴いてくださった仲間の人たちからは、嬉しい言葉をたくさんいただきました。同じ体験をする仲間たちの言葉は、とても温かいです。

仲間がいるって、ほんとうにずばらしいことです。

講師演奏は、なかなかタダでは聞くことのできない曲で、素晴らしい演奏でした。

落ち込んだ気持ちにとてもよく染み込みました。

続きを読む "YAMAHA クラッセ発表会 2014" »

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

無料ブログはココログ