« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

ベルリンフィル八重奏団 (続き)

ベルリンフィルのコンサートマスター、1stヴァイオリンは、樫本大進。2010年に就任。この時は、NHKのニュースでも放映されていました。まだ、記憶に新しいです。ロンドン生まれ、たぶん育ちもヨーロッパだろうと思います。音楽に対する感性が、向こうの人と同じなのだろうと感じられました。

シューベルトの曲(第3楽章、アレグロ・ヴィアーチェ だったと思います)の時、「プツッ」という音がしました。(前から5番目なので、そんな音もよく聞こえます。)

ヴァイオリンの弦が切れたのでした。弦が、宙を舞っています。樫本さんも、ちょっと困った顔。左手は、普通に動かし、残りの3弦だけ音をだしていたようです。ほかのメンバーは、何もなかったかのように、演奏しています。

幸い?なことに、残り数秒でその楽章は終わりました。

2ndヴァイオリンに目配せして、舞台のそでへ。 

控えのバイオリン持ってきたのかな?弦を張り替えるのかな?張り替えてすぐは、調弦が狂うよね?などと思っていたら、再び登場。聴衆を退屈させない短い時間でした。

本当に、本番は何が起こるかわからないものですね。

私が、今回のコンサートで大ファンになった、クラリネット奏者のヴェンツェル・フックスとは、プライベートでも、仲良しなのだそうです。彼がいると、樫本は、安心するそうです。きっと今日も安心して弾いたことでしょう。左右の両端に二人は立ち、お互い顔と目で話ながら、楽しそうに演奏していました。

クラリネット奏者のヴェンツェル・フックスは、オーストラリア生まれ、彼の師匠は、ペーター・シュミードル、 このペーター・シュミードルは、ウィーンフィルのメンバーで、毎年4月にやってくる「トヨタマスターウィーン」の一人です。この人も、大のお気に入りの奏者なのです。

プログラムのプロフィールによると、「名手ライスターの後を継ぎ、類い稀な美音で世界中の奏者、聴衆から注目を浴びてる。」とありましたが、まさにそのとおりの音色でした。

当然と言ってしまえばそれまでですが、8人ともそれぞれにすごいキャリアを持つ人です。

(敬称を省略して書かせていただきました。ご了承ください。)

ベルリンフィル八重奏団

今日は、地元のホールで、「ベルリンフィル八重奏団」の演奏を聞きにいきました。

1年くらい前にチケットを購入して、ず~っと楽しみにしていたコンサートです。このチケットが欲しいばかりに、会員になりセット券を購入したのでした。もちろん、これだけではなく、村治姉弟のDUOコンサートのチケットなども欲しかったっからですが。

予想通り、音色が全然違うのです。力みのない柔らかい音で、それでいて芯のあるきちんとした音とでも言ったらいいでしょうか?うまく表現ができません。そして、音色や音楽や、歌い方など、メンバーがみな同じ方向を向いているから、最高の調和を生み出しているように思います。

曲の出だしなど、あからさまな合図するわけでもなく、(もちろん合図はあるのでしょうが)ス~~っと入っていくのです。途中、途中は、1STヴァイオリンをちら、チラッと見ている場面は、数多くありました。みんなの呼吸がぴったりなのです。

実は、午後、AZちゃんと2時間半もの間、3つの公園を遊んでまわり、少々疲れていました。心地よい音楽で、眠くなったらどうしようと心配だったのですが、あまりにも素晴らしい音楽に興奮し、身を乗り出すようにして聞き入ってしまいました。前から5列目のど真ん中、演奏者の息使いさえ聞こえそうな場所だったので、一人一人の表情を見ながら聞くのは、とても楽しく面白く思いました。

今日のプログラムは、

R.シュトラウス(ハーゼネール編):もう一人のティル・オイレンシュピーゲル

モーツアルト:クラリネット五重奏曲 イ長調

シューベルト:八重奏曲

最後のシューベルトの曲は、1時間くらいかかりますが、チェロ奏者以外は、全員立ったままでの演奏でした。

みんな素晴らしいけれど、今回は、クラリネットが主役の曲が多く、クラリネットのと1stヴァイオリンとのキャッチボールの場面が、たくさんあったように思います。ついついクラリネット奏者のCDを2枚も買ってしましました。クラリネット奏者のCDが、一番売れていたようです。

今日のメンバー8人でのCDは、まだないようです。

続く 

ギターを触って

久しぶりにギターを弾きました。

1か月以上、ケースさえ開かなかったように思います。家族が増えて、てんやわんやの3週間が過ぎました。パパの仕事が一段落して、土・日 AZちゃんをドライブなどに連れて行ってくれたので、午後のひととき、少しばかり時間ができました。

暗譜していた曲、覚えているかな?

とても、心配でした。特に、バッハの曲。「アリア」は、セーフ、「プレリュード」は、後半がアウト、でも、なぜか、逆運指の難しいとことは、指が覚えていました。不思議なものです。「ソナチネ」は、かろうじてなんとか・・・この曲は、長いけど、持ち続けていたいと思っています。

自分の好きな曲を弾いていると、元気が出てくる気がします。

嫌なことでもなんでも、やろう!という気になるように感じます。

久しぶりに、夜更かしして、こんな日記をかいているのも、ギターを弾いたせいかも知れないと思いながら・・・・・・

アイゼナハ (バッハハウスとヴァルトブルグ城)

Photo_7

バッハの生まれた町、アイゼナッハ。バッハハウスに行きたくて、行程の中に組み込みました。バッハハウスでは、4種の楽器の説明と演奏があります。(1時間弱)

何度も博物館などで見て来た「チェレスタ」の音色が聴けたことは、感動でした。音量は非常に小さいですが、とても繊細な感じです。フェルメールの絵にあるように、良家の令嬢が教養として身に着けたであろうことが、実感としてよくわかりました。

Photo_8

Photo_12Photo_13

Photo_14

試奏された4つの楽器。 ↑

Photo

Photo_2

バッハの書斎と寝室 ↑

バッハの曲の試聴コーナーなど、いろいろあり、本当は、もっと居たかったのですが、

バッハチョコと絵ハガキを売店で買って、ルターハウスとワーグナー博物館をちょこっと見て、お城へと向かいました。(1時間に1本のバスの時間のため)

効率よく回るためには、中央駅からバスで先にお城に向かうのがおすすめです。もし、バスが出た後だったら、タクシーが便利。そして、帰りのバスの時間をチェックしておくのを忘れずに。

お城の中は、ツアーに入らないと見られないようである。ツアーの開始場所がわからず、何度も聞いたり(聞いても、言葉がよくわからないから、やっぱり、わからない!)何度も、中庭をうろうろしていたら、突然2階の窓がガラリと開いて、お姉さんが私たちへ向こうを指さして叫んでいる。向こうに見える扉を思い切って開けたら、そこが、①の開始場所だったのである。

扉には、何も書かれていなくて、お城の古い扉である。はたしてそこを開けていいものか(そこが開くのか)全く、分からないような扉だった。めでたくツアーに参加。解説はわからないが、日本語の紙をもらったので、まだましである。

お城の中は、撮影禁止でした。一部分は、修復中。

アイゼナッハの見どころ。

①ヴァルトブルグ城  ②バッハハウス ③ルターハウス ④ワーグナー博物館

なかでも、①のヴァルトブルグ城は、世界遺産です。見る価値は、大いにあります。

また、(日本人に大人気で、、デズニーランドの白雪姫の城のモデルの)ノイシュバンシュタイン城をつくるとき、このヴァルトブルグ城を、手本のようにして作られたのだそうです。

もし、4つ全部に行くのであれば、「テュリンゲンカード」を買うのがおすすめ。マルクト広場にある i (観光案内所)に行くと購入できる。

アイゼナッハのアルバム

アイゼナッハの街

フランクフルトリンゴ酒電車

フランクフルトリンゴ酒電車のサイト

(↑電車がやって来る音がしますよ。電車が止まって、画面がとまったら、日の丸をクリックしてください。日本語になります。)

ホームページに日本語があるということは、日本人に人気なのでしょうか?

それとも、日本びいきなのかな?

料金は、7€です。乗ってから、車掌さんに払います。すると、電車のなかで、リンゴ酒かリンゴジュースとスナック(プリッツェル)が、もらえます。それらを食べ、飲みながら乗る観光電車です。

市内を一周するので、便利です。特に、今回のように雨の日はなおさらです。

雨のため写真がありません。雰囲気を味わいたい人は、これをご覧ください。

☆誰かの書き込みに、「夕方、しかも中央駅前から乗ると、座れない」と、書いてあったのですが、その通りでした。正確には、1席だけ、空いていたようにも見えましたが、周りは、そのグループだし、こちらも2人だし・・結構奥の方だったので、入り口のところに寄りかかって、リンゴ酒を飲みながら、景色をみていました。

どうしても座って、楽しみたいという方は、始発の動物園前(ただし、ここで、全員下りるとはかぎらない)か、レーマー広場が、いいと思います。レーマー広場は、乗降客が非常に多いです。

☆リンゴ酒電車は、おおむね1時間で1周します。2編成で動いているようです。

フランクフルト中央駅(Hauptbahnhof)だけは、2度通ります。というのは、最初に停車した後、メッセのあたりをぐるっと回って、およそ15分後くらいに、今度は反対側に停車します。乗るチャンスが、倍になるということです。そのせいかどうかわかりませんが、電光掲示板の「あと○○分」の表示は、当てにしない方がいいです。

雨のフランクフルト

天気予報では、フランクフルトに到着した日が雨の予報でしたが、1~2日ずれて、到着した日は、いい天気で翌日から雨となりました。

フランクフルトで最も有名なレーマー広場です。

Photo

中央駅前から乗ったリンゴ酒電車をここで下り、マイン川にかかるアイゼルナー橋をわたりました。この橋は歩行者のみです。

Photo_2Jpg

左は、橋の上から見た、レーマー広場方面。中央の尖塔は、大聖堂。

右は、同じ橋の上から見た対岸。教会の名前は、ガイドブックの地図に出ていなかったので不明。手前の鍵は、橋の欄干にたくさんつけてあったものです。恋人の契でしょうか。

ザクセンハウゼン地区へ行き、食事をする予定で橋を渡ったのでした。この日は、日曜日。ほとんどの店は、休みです。ガイドブックに載っていたアドルフ・ヴァーグナーというリンゴ酒とドイツ料理が楽しめる店へ行ったのですが、ほぼ満席。テーブルの状態からして、みなさん相席状態の様子です。相席するほどの自身?もなく、仕方なくあきらめて、近くのレストランに入りました。イタリアンだったのですが、英語メニューもわかりやすく、当たりだったかも。

Dsc01908

Dsc01909

Dsc01910

Dsc01911

Dsc01912

Dsc01913

かぼちゃのスープは、ほんのりシナモンの香りがしました。

ステーキは、とても柔らかくおいしかったです。サラダは、大きなエビが入っていて大喜び。(本当は、単語がわからず、何のサラダが出てくるか、不安だったのです。)

上段の真ん中は、アミューズで、トマトとトーストのようなおおきなクルトンのようなもの。

その右は、ポテトです。お肉の付け合わせでした。

ビデオ通信

今は、ネットの時代で、非常に便利になりました。一昔前では、夢だったテレビ電話が、ネットを使えば簡単にできるようになりました。

遠く外国にいる子供や恋人と顔を見ながら会話できるのですから、確かにとても便利です。

ところで、

私がすごした高校の学年では、オリンピックの年に学年同窓会をすることになっています。

つまり、冬のオリンピックの時は、1月(お正月)に、夏のオリンピックの時は、8月(お盆のころ)、地元で開催されます。

今年2014年は、<ソチオリンピック>ですから、<ソチ同窓会>が 地元で開かれました。

そして、なんと、地元の本部と東京の支部とを結んで、ビデオで同時開催が実現したのです。

始めは、それが目的ではありませんでした。<ソチ同窓会>に行きたいけど、行けない居残り組で東京でも集まろう・・・それに、地元からお正月東京にるメンバーもいるし・・・ということで企画がはじまったのですが、いつのまにか、二次元中継の話が出て、それが実現し・・・・

東京と地元と画面をみながら、乾杯したのでした。

これも、思い出に残る、今年のお正月の1コマです。

今年の新年は・・・?

とってもかわいらしい、とっても手のかかる家族が増えて今日で2週間です。

あっという間でもあり、とても長く感じた2週間でもありました。

ようやく、少しずつペースがわかり始め、少し慣れてきました。こんなお正月は、きっともうないでしょう。

私の中で、一番思い出に残るお正月かもしれません。

平成甲午

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

Dsc02820

続きを読む "平成甲午" »

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

無料ブログはココログ