« 新潟合宿 | トップページ | 花塩プリン »

福岡古楽音楽祭

Dsc01710ed_2

素敵でしょう! この2つのチェンバロ。

まるで、楽器博物館に飾ってあるような楽器です。なかなか聞くことのできないチェンバロを My hometown 福岡で、これまた、シャンデリアが美しいシンフォニーホールで聞きました。くしくも、誕生日の1週間前、なにがしか、音楽とかかわりあっている旧友たちと訪れたコンサートで、私にとっては、誕生日の素晴らしいプレゼントのように感じられました。

さらに、クイッケンアンサンブルが、ヴァイオリン・フルート・ヴィオラ・ダ・ガンバ・ヴィオラを演奏。(実は、彼らのCDを持っていて、しかも、それは、バッハの曲で、わたしが、思い入れの大きな曲なのです)

そして、さらに、分厚いプログラムの表紙は、ヨハネス・フェルメールの「音楽の稽古」

これ↓(絵葉書も持ってます)でした。

Photo

~なんだか、嬉しくて、嬉しくて~

このコンサートは、プロ・アマチュアの垣根を取り払った、とてもユニークなコンサートで、15回記念であると同時に、今回が最後となるらしいのです。

主催:十八世紀音楽協会  ← 詳しくはこちらを

コンサートは、4日連続で行われ、いくつもの会場で、セミナーも開かれていたみたいです。

私が聴いた日のプログラムは。

バロック音楽都市めぐり 第2部

【ライプチヒ(ドイツ)】

J.Sバッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067

【ローマ(イタリア)】

コレルリ:合奏協奏曲 ニ長調 Op。6-4

【ハンブルグ(ドイツ)】

テレマン:リコーダー、ヴィオラ・ダ・ガンバのための協奏曲 イ短調

【パリ(フランス)】

F.クープラン:組曲 「諸国の人々」よりスペイン人

(記録として、残しておきます。)

« 新潟合宿 | トップページ | 花塩プリン »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟合宿 | トップページ | 花塩プリン »

無料ブログはココログ