« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

1ヶ月ぶりに

久しぶりに、スピカの練習でした。
夏休みで、遊びにきたお孫ちゃんの話をいろいろ聞きました。
関西から、ちびっこパイロットで、姉妹でやってきたという人もいました。たいへんだったみたい。

新曲の練習が始まりました。が、なかなか、........................♪───O(≧∇≦)O────♪

ヴァンドーリア

Image109

「スペインナイト」の日、カメラを忘れ、料理は、何も撮らなかったけど、これを見たら、どうしても撮りたくて、古い携帯電話を取り出して、撮りました。ぼけていますが、雰囲気は、わかると思います。

この珍しい楽器、<ヴァンドーリヤ>というのだそうです。アラビアのリュートで、ソプラノのリュートだそうです。弦は、6本、ダブルコースなので、全部で12本。彼は、ピックで弾いていました。金属弦なのか、演奏によっては、甲高い音にも聞こえます。

DUO のもう一人は、ギターなので、伴奏とメロディというようなパート分けが多かったですね。彼らは、歌も歌いましたから(本来は、歌が、主役見たい) その時は、伴奏したり、歌のサポート的な役割を演じていました。

ギターと同じ6本なので、「調弦は、ギターと同じですか?」と聞いたら、「ちがう」とのこと。どういう音になっているのでしょうか?(そこまでは、聞けなかったです)

Image108ed

彼らは、各テーブルを回りリクエストされた曲を歌ってくれました。

情熱のスペインナイト

皆様は、今年の夏、どんなことをされましたか?7月の2週目から、ものすごい暑さでしたね。

私は、いつもと同じ8月でした。毎年のことですが、この時期は、仕事が忙しく、本来休みの水曜日も仕事をして、しかも、いつもより1~2時間多く働いていました。もちろん、お盆の時も。

そんな毎日を送っていたある日、「ワインの賞味会 ”特別篇” 情熱のスペインナイト」という新聞広告が目に入り、今月は、パート収入がちょっぴり多かったのでと言い訳をしながら、行ってみることにしました。きっかけは、音楽演奏があったことと、スペインワイン5種にひかれたからです。

カップルがほとんどだとばかり思っていたら、意外なことに、女性だけのグループが2テーブルありました。男性だけのテーブルも1つ(だったかな)

私達のテーブルは・・・というと、一人で来られた男性と一緒でした。

その方は、スペインで仕事をされていらしたそうで、いろいろなお話を伺うことができて、より一層面白いものとなりました。

カメラを忘れたので、料理の写真がありません。 <残念です>

続きを読む "情熱のスペインナイト" »

管弦アンサンブル

今日は、月1回の管弦アンサンブルでした。

カルテットの2人がお休みで寂しかったなぁ~ フルートも、2人お休みでした。

夏休みだから、いろいろあるでしょうね。

ヴィヴァルディの「コンチェルトグロッソ」だんだん、いい感じに仕上がってきました。クリスマスコンサートが楽しみです!

関西限定

最近、「ご当地お菓子」が流行っていますね。例えば、

Dsc01569_2

これは、神戸風月堂のゴーフル、阪神タイガースの缶入りです。

お菓子は食べてなくなっても、缶が残ります。(これ、箱に入った丸い缶入りです。)

Dsc01570_2

こちらは、関西でしか売っていないという高級ポッキー

写真は、3種類ですが、全部で5つの味があります。

(抹茶・シナモン・メイプル・トマト・バター だったかな?)

プール営業クローズ

今日で、我が家のプール営業が、終わりました。

テラスのビニールプールのことです。月に2~3回、AZちゃんが、ママと一緒にやってくるので、テラスでプール遊びをしていたのです。今日も、遊びました。ボールやピンポン玉などを浮かべたり、水を飛ばして、水まきしたり・・おばあちゃまは、窓ふきしたり、テラスをデッキブラシで洗ったり・・最後は、プランターの水遣りに使いました。

ママの用事がしばらくないので、AZちゃんもしばらく来ません。

綺麗に洗って乾かして、夕方、おじいちゃんが空気を抜いてたたんでくれました。

来年まで、押し入れで眠っています。

来年また、遊ぼうね!

Dsc01564

風立ちぬ

今週は、お盆休みのところが、多いですね!通勤時間帯の電車も乗客が少なくて、快適です。仕事場は、完全クローズではないので、今週も出勤しましたが、アンサンブルなどは、休み。夫もお盆休みだったので、映画「風立ちぬ」を見に行きました。

ネットで予約して行ってよかったです。窓口は、長い行列でした。

<感想は・・?>

面白かったです。やはり、絵が綺麗。描写が緻密。とても丁寧に描かれている感じがしました。アニメや映画製作に詳しい人は、いろいろ感想があるでしょうが、素人には、楽しめる映画でした。ず~っと、1位を維持している理由もわかる気がします。

一緒に行った主人は、ちらっ、ちらっと出てくる、生活用品に感激しています。

子供のころ、使っていたものが出てくるのだそうです。

計算尺が何度も出てきます。今の人は、知っているのかな?

実は、私の年代が、計算尺を学校で習った最後の世代らしいのです。今の若い人は、あれを見てどう思ったでしょうか?

タバコを吸う場目もいろいろ問題視されているようですが、昔は、いまほど、禁煙にうるさくなかったので、当然とも言える場面です。

私には、離れを貸す時に、家主が言った言葉が、印象的でした。

あんまり書くと、また消えそうなので、この辺で・・・

25年目の弦楽四重奏 つづき

昨日は、長々と書いたところで、消えてしまったので、(間違えて消してしまった?)ので、もう一度書く気にもなれず、(昨日の文章は、再現できなかった) 寝てしまったけど、余韻は、今日も残っている。

昨日書いたこととは、少し違うのだけど・・

いろいろなところで、音楽に関することが出てくるが、音楽学校のマスタークラスで、チェロ奏者が、パブロ・カザルスとのエピソードを話す場面がある。

チェロ奏者は、カザルスの前で、チェロ組曲4番、プレリュードを弾いた。全然弾けない。本人は、とても不本意のまま終わった。次に、アルマンデを弾く。でもやはり、上手く弾けない。

だが、カザルスは、「いいよ。とてもすばらしい!」と褒めたのである。チェロ奏者は、バカにされたと思ってしまう。

何年かのち、再びカザルスと出会い、そのことを追求する。そのとき、カザルスは、言うのである。「よく、覚えているよ。私は、とても嬉しかった。たとえ、一瞬でも素晴らしい音を聴けたことに感謝したんだ。」と。

この話を聞いたマスタークラスの生徒たちの表情もとてもすばらしかった。

また、セカンドヴァイオリンとヴィオラ(二人は夫婦)の娘が、ファーストヴァイオリンに、習いに行った場面で、ベートーベンの分厚い伝記を渡され、出直して来いと即座に追い返される。

「作品131に挑戦する前に、彼の悲惨な人生を知れ」と。

そのことを自分の父であるセカンドヴァイオリンに言うと「的確な助言だ」の一言で終わる。

最後の記念コンサートの場面。途中でチェロ奏者が交代した後、ファーストヴァイオリンは、自分から、静かに楽譜を閉じてしまう。つまり暗譜で演奏しようとするのである。コンサートへ向けてのリハーサル中、暗譜で弾こうという提案に、彼は、ことごとく反対していたのである。

映画のクライマックスは、25周年記念コンサートの場面である。第7楽章まで、すべてアタッカでつなぎ、止まってはならないのである。たとえ、調弦がくるっても。 そんな曲だが、病気のチェロ奏者は、(この病気の発見が、そもそもの事の始まりなのであるが)、途中で演奏をやめ、新しい後任のチェロ奏者に代わる。それは、聴衆への引退表明でもあった。

いかにスマートに四重奏団を生まれ変わらせるか、それは、四重奏団を心の底から愛して、大事に思っていたチェロ奏者の最後の願いであり、それを、実に見事に完璧に演じて、次のチェロ奏者にバトンを渡したと思う。ストーリーには、そのためのいろいろな伏線が織り込まれている。

チェロ奏者の気持ちをくみ取ったからこそ、ファーストヴァイオリンは、楽譜を閉じ、ほかのメンバーも自分で楽譜を閉じたのであろう。

数小節戻り、曲のクライマックス第7楽章へ、演奏は入っていく。

Img_0002

これは、曲の冒頭のファーストバイオリンの楽譜です。

プログラムを買ったら、4パート分、1枚だけですが、楽譜がついていました。

25年目の弦楽四重奏

Img_0001

今日は、こんな映画をみてきました。とても感動して、最後のコンサートの場面では、涙がでてしまいました。

とても詳しく書いていたのですが、最後にUPするところで、間違って消えてしまいました。

沖縄料理らしい?

沖縄料理の店へ行きました。「カツオのたたき」を頼んだら、こんな風になってました。

Dsc01557ed

ゴーヤがたくさん載せてありました。手前の茶色は、オニオンチップです。

ちょっと変わった感じがするとともに、なんとなく沖縄の香りがするような・・・

しろくま

Dsc01561_2

これ、何で出来ているでしょう!!

続きを読む "しろくま" »

ウィンクした・・PART2

「にわかせんぺい」の目の形、先日ご紹介しながら、なんかへんだよな!と思っていたのです。ウインクしたのは、例外として、もう一つの方も・・

やっぱりあたっていました。Dsc01522

以前、ご紹介したときの顔は、

P5024095

こうなっています。

せんぺいを製造している「東雲堂」のホームページは、眉が、下がっていました。下の写真と同じです。

この記事を読んで、友達が、コメントを入れてくれました。(読んでみてね!)

福岡の老舗の看板商品「鶏卵そうめん」の話がでてきます。福岡に昔々から伝わる伝統のお菓子だったのですが、お店がなくなってしまいました。鶏卵そうめんのほかにも、茶の湯に使うようなお菓子がいろいろありました。私が、好きなお菓子もあったのですが。残念です。

暑さ再び

ここ1週間、比較的しのぎやすい東京でしたが、今日から、暑さが戻ってきました。

夏は、やっぱり暑くなくっちゃ・・と思う反面、暑くなると、異常に暑くなります。やっぱり、どこか気候が変わってきているのを実感します。

夏休みに入り、電車がぎゅうぎゅうでなくなったように感じます。

夏休みになると、私の仕事は、量が増えて、猛烈に忙しくなります。お盆休みも返上です。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

無料ブログはココログ