« 残り2日 | トップページ | 今日はこどもの日 »

ヘルマンハープ

先日行った、伊豆のステンドグラス美術館のセントマリーズ礼拝堂では、ディスクオルゴールのコンサートの後、「ヘルマンハープ」のコンサート(二重奏)も10分くらいありました。

実は、楽器の名前が思い出せず、ご紹介できなかったのですが、

きのう、渋谷から表参道方向に歩いていたら、偶然にも ヘルマンハープのお店をみつけ、名前を思い出したのでした。

P8230261_2

この画像は、こちらからいただいたものです。

大きさは、ちょっと大きめの縦長の譜面台くらいの感じです。テーブルの上などでもよさそうですが、ちょっと斜めににたほうが弾きやすいのかもしれません.

ヘルマンハープという楽器は、ドイツ人のヘルマン・フェーさんが、ダウン症の自分の息子に演奏できる楽器を作ろうと思ったのだきっかけなのだそうです。試行錯誤をかさね、現在のような形と楽譜ができたのだそうです。つまり、音符が読めなくても弾けるように、特殊な楽譜です。また、楽器のに楽譜を挟み込んで弾くそうです。

表参道付近で偶然見つけたお店は、「日本ヘルマンハープ教会」のショールームでした。

ミニコンサートや試奏会も行われているそうです。

« 残り2日 | トップページ | 今日はこどもの日 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 残り2日 | トップページ | 今日はこどもの日 »

無料ブログはココログ