« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

モノフォニーとポリフォニー

ゴールデンウイークの初日ごろ、津田倶楽部の勉強会があります。

ここ数年、津田倶楽部の年間行事になっています。

名前は、「公開レッスン」だったり、「ワークショップ」だったり・・楽器も、ウクレレだったり、ギターだったり・・(本来は、ウクレレワークショップ」から、始まったそうですが。)

今年も、28日に新宿クラッセで開催されました。

終わった後、「今年は、内容がハイレベルだった。盛りだくさんだった。」という声が、多かったようでした。確かに、10分の休憩のみで、3時間。とても充実していたと感じました。

第一部の、公開レッスンは、普段のレッスンそのままで、「あ!違う!間違えた。」というような声が、飛び出してきたり、和やかな緊張したようには見えない雰囲気でした。(本人は、緊張されていたのかもしれませんが。)

個人レッスンだと、ほかの人はどんな曲をやっているんだろうとか、どんなふうに練習しているだろうとか、自分の練習はこのままでいいのかなと思うばかりですが、こういう会があると、ほかの人の様子もよくわかり、安心したり、こんな風にしたらいいのかと思ったり、非常に参考になります。自分ができなくて苦労していることは、ほかの人も同じように苦労していることがわかると、ほっとしたり、妙に仲間意識が芽生えたりします。自分だけじゃないんだ!と思うと、先が開けた感じがして、やる気が出る時があります。帰って練習しよう!と思う時があります。

また、このことは、私も指摘されたのよね! でも、なかなか できない。どうやったら、できるようになるのだろう・・・とか。また、聞きながら、は!っと あることを思い出したりもしました。

第二部は、「特別講座」で、

♪:モノフォニーとポリフォニーについて

♪:即興演奏とは?

ということについて、実演を踏まえながら、わかりやすくお話ししていただきました。

その後、飲んで食べて4時間。ここでも、ギターやウクレレ、音楽の話に盛り上がっていました。

楽しく勉強ができた、ゴールデンウイークの初日でした。

今日は日曜日

今日は、日曜日。1か月ぶり?に、AZちゃんが、ママと一緒にやってきました。

「ピン~ポ~ン」とチャイムが鳴り、私が、玄関へ出ていき、AZちゃんと目が会ったら、ママの後ろへスルリ。ママの足をつかまえて、顔をくっつけて、しがみついたような恰好をしています。

「恥ずかしいのかな・・・」横へ回って、「AZちゃん見~つけた!」 と言ったら、「わははは」だって。

今日は、とっても元気でした。きっと、朝ご飯をたくさん食べてきたんでしょう。

プランターや植木鉢全部に水やりをしました。AZちゃんにさせてやろうと思って、昨日、水をやらなかたら、菊がちょっとよろよろになりかけていました。暑くなってきたので、プランターの水やりも、油断できなくなってきました。

玄関の前のプランターに水をやっていたとき、家の前をバスが通ると、

「うわぁ~! バス!、バス!」と、大きな嬉しそうな声をだしました。バスや電車が大好きなのね。

帰るとき、靴を履くのを嫌がってぐずぐずしていたら、ママの一言、「バスと電車に乗るから、靴を履こうね!」 玄関に座って、おとなしく靴を履きました。さすが!ママだね!

KITTEで食べたおいしいもの

Dsc01404

Dsc01405

Dsc01406_2

Dsc01407

Dsc01408

ご飯もあったのだけど、写真がない!

どれもおいしかったけど、どれか一つを選ぶとしたら、(私は)刺身かな。新鮮で、厚切りでした。次が、わらび餅とアイスクリーム。

かご盛りは、目がおいしいと盛んに訴えていました。すごく、手が込んでいました。

一緒に食べた仲間たちは、何をチョイスするかな?

KITTEからみた東京駅

Dsc01400

夕暮れ時の雨の中でしたが、思ったよりきれいに撮れました。

KITTEから見た東京駅です。ドームの下が、丸の内南口です。

KITTE

Dsc01397

今東京で一番新しい注目スポット、東京駅丸の内口

旧東京中央郵便局局舎を一部保存、再生し建設されたJPタワー[KITTE]の中です。

中央が三角形のような形で吹き抜けになっています。夕方5時過ぎに、ちょっと立ち寄ったのですが、とっても混んでいて、エスカレーターは、並んでいました。「最後尾」のプラカードを持ったお兄さんが右下の方に見えます。(写真は、クリックすると、大きくなりますよ。)

写真は、1階。

2階・3階には、東大と共同の博物館もあります。恐竜の骸骨や鳥類などの剝製が、たくさんみられます。

4階は、ちょっと和風な、というか、日本風というか、海外へのお土産にいいかもというような小物のお店がたくさんありました。生活雑貨も多いです。

5階・6階は、レストラン。

3階か4階に、最初の頃の、局長室を復元した部屋があります。そこから、東京駅が綺麗に見えます。

また、6階から屋上庭園があり、もちろん丸の内界隈が見られますよ!

ぜひ、一度、どうぞ!そろそろ、三菱1号美術館や、丸ビルや、東京駅の話題も尽きて来たことだし・・・・

「KITTE」 おすすめのスポットです。
   

HEDIARD(エディアール)とミセスエリザベスマフィン

昨日ガレットを食べた「エディアール」実は、私が、気に入っているお店の一つなんです。

ただ、伊勢丹に入っているお店は、どれもそうですが、安くはないので、1年に1回くらいしか買うことはなく、いつも、眺めるだけです。

伊勢丹には、地下にパンをはじめ、紅茶やジャム、ビン入りのスープ、デリカテッセンなどのお店があり、7階のレストラン街にカフェ&レストランがあります。

7階のお店は、日本語がとても上手なフランス人(たぶん)が、ウェイターにいます。何年日本にいるのかは、もちろん知りませんが、日本語は、かなり流暢です。フランス語で話しかけてきたら、パリの本店にいる気分を味わえるかもしれないのにと思うと、残念な気もするのですけどね。

昨日、ガレットを焼くために派遣されていたお兄さんは、羽田空港第1旅客ターミナルB1F マーケットプレイスからきたとのこと。今は、第2ターミナルができたので、今はほとんど、行くことがなくなりましたが、当時は、入り口にお買い得商品を並べてあり、気に入ったものがあったとき、1・2度買ったことがあります。

羽田空港店へ行くと、あのお兄さんの焼いたガレットが食べられますよ。

昨日、隣にいたお姉さんは、「エディアール」の隣にマフィンのお店がありますよね!と話出しました。え! あの店知ってるの?・・・なるほど、話が、弾むはずです。

残念ながら、マフィン(ミセスエリザベスマフィン)の店は、今は、ないそうです。つぶれたのかなと思ったら、横浜のランドマークタワーにあるみたいです。

ここのマフィンは、子供たちが大好きで、こちらは、必ず毎回買っていました。そのころ、福岡にもお店があり、子供たちへの福岡土産にちょうどよかったのです。(福岡から運んでこなくて済むから)今となっては、懐かしい思い出となりました。

ここ数年、ミセスエリザベスマフィンなんて、思い出したこともなかったんですが。

今度横浜へ行く機会があったら、ランドマークタワーに行って、マフィン買ってみようかな。

フランス展で

今日仕事の帰り、新宿で下りて世界堂へ寄りました。楽譜を貼るきれいな台紙が欲しかったからです。そのまますぐ帰って、ギターの練習するはずが・・・伊勢丹へ足が向いてしまい

「そうだった!確か、フランス展をやってたはず!」と思い出して、「アリオリソース(ニンニク入りのマヨネーズソースのイメージ)」を買おうと、6階へ上がっていきました。

見つけました。さあ、買おうとして、値段を見たら、735円?そんな、バカな! 前回買ったときは、420円だったはず。記憶違い?それでも、525円。 500円を超えることは、絶対になかったのです。このところの円安を反映して値段をあげたのでしょうか。ばかばかしくなって、買うのはやめて、明日の朝用のおいしそうな食事パンを買いました。どれにしようかな・・?と見ていたので、お先にどうぞと次の方に声をかけたら、その方は、お目当てのパンがあったらしく、売り切れていたことに、がっかりされていました。お店の人の話によると、開店前から並んで買っていかれる方が、たくさんいらっしゃるのだそうです。~すごいなぁ~

ぐるっと1周して帰ろうとしていたら、ガレット(そば粉のクレープ)コーナーができていました。

ガレットは、2種類。シャンパン付にひかれ、足が止まっています。どうせ、今日は、一人だし・・・じ~と看板を見つめた後、席を見たら、ちょうど1つだけ空いています。

「いいや! 食べて帰ろうっと!」 

私で、満席になったので、私のを焼いた後、焼いていたお兄さんも愛想よく話しかけてきて、また、隣のお姉さんとも、いろいろ話して、FACE BOOKの名前まで、教えてもらいました。お姉さんは、シャンパンのボトルとグラスとガレットを写真に撮っていまいた。それが、話のきっかけとなったのですが。

ガレットコーナーは、エディアールの出店で、ガレット焼きのお兄さんは、伊勢丹のイベントのために羽田空港店から派遣されて来たのだそうです。伊勢丹のレストラン街にも、エディアールのレストランがありますから、伊勢丹とエディアールは、きっと、仲良しなんでしょうね。

エディアールのカフェ&レストランは、羽田空港店と伊勢丹の2つだけなのだそうです。

また、今日のシャンパン、地下で5250円で、ちょっと前までは、売っていた品物だそうで、円安になったので、今は、7350円とのこと。ちょっと、得した気分でした。量もグラスにたっぷりで、お変わりは、525円<安い!>なのだそうです。

お昼ランチに外に出ても、一人で静かに食べるのですが、今日は、思いがけずもいろんな人と、楽しくお話ししながら、おいしいシャンパン付の夕食となりました。

  (隣のお姉さんも、もしかして、読んだかな???)

またまた、10日が過ぎて・・

「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」へ行って、とっても幸せな気分ですごして、10日もたっていました。最近、1週間が、あっという間に過ぎてしまいます。

今度の日曜日は、楽しみにしていた、もう一つのコンサートの日です。

値段も高くて、清水から飛び降りる気持ちで買ったのです。どうしても生で聞きたくて!

そのコンサートを楽しみに、今日、嫌な仕事(いわゆるお金をもらう仕事ではなく、ボランティアみたいなそんな仕事です)のひとつを片づけました。ちょっと気が晴れて、ブログを開いています。関連するあといくつかのことをやって、5月の総会が終われば、お役御免です。万歳!

トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン

昨年秋にチケットを買って、楽しみにしていた、「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」のコンサート(東京公演)の日でした。朝から、何となく嬉しくて・・・月曜日でとても忙しかった仕事も頑張って、夕方サントリ-ホールへ行きました。

「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」というのは、自動車で有名な世界のトヨタが、社会貢献活動の一環として、世界トップクラスの上質な音楽をより多くの人に提供したいという思いから、2000年より、ウィーンフィルおよびウィーン国立歌劇場のメンバーを中心に30名で特別編成されたオーケストラです。

つまり、人数はやや少ないけど、ウィーンで聞く音楽と同じものだということです。しかも、トヨタさまのおかげで、料金がものすご~く安いんです。

一昨年の震災の年は、中止になりましたが、昨年からまた復活。バイオリンのコンサートマスター、フォルクハルト・シュトイデ、大好きな演奏家です。(昨年も、ブログに書いた記憶がありますが)

本日のプログラムは、A (東京・宮城・大阪・札幌)でした。

note 「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」のための前奏曲『イントラーダ』

note ワーグナー/ジークフリート牧歌

note ブルッフ/クラリネットとヴィオラのための協奏曲 ホ短調 Op.88

   クラリネット:ペーター・シュミードル(「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」芸術監督    

   ヴィオラ  :清水直子

note ベートーベン/ロマンス 第1番ト長調 Op.92

note ベートーベン/交響曲 第7番 イ長調 Op.92

<アンコール>

note ヨハンシュトラウス/「こうもり」より

note ブラームス/ハンガリー舞曲第5番

先日、「オパールコンサート」で、ベートーベンの交響曲の話をきいたばかりでしたから、それはそれは、興味深く、面白く聴くことができました。第7番、いい曲だと思いました。演奏がいいから、よけいにそう思わせたのかもしれませんが。

(でも、最近思うんです。どんな曲でも、聞いている人にいい曲だなと思わせられるような演奏ができたらいいな・・・・。どんなことでもいい、ちっちゃなことでいい。聞いている人に、ああ、よかったなと思ってもらえたらいいな・・・・と)

私が最も気に入ったというか、一番いいなと思ったのは、クラリネットとビオラの協奏曲です。

ソリスト2人のキャッチボール、ソリストとバックとのキャッチボール、絶妙でした。

「ベートーベンのロマンスがあんなにきれいでいい曲だとは思ってなかったわ。感動した!とっても、よかったわね!」という話声が、出口付近で後ろから聞こえてきました。

   <なるほどね・・ロマンスに惹かれたのね。気持ち、わかる、わかる> 

と心の中で返事をしておきました。

「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」は、必ず、アンコールに、ヨハンシュトラウスの曲を演奏してくれます。これも、私の楽しみの一つなんです。本場、ウィーンのシュトラウスは、やっぱり最高です。

そして、 今回は、もう1曲、ブラームスの「ハンガリー舞曲、第5番」 

この曲は、6月のコンサートへ向けて、スピカが練習している曲です。これから先は、書くのをやめます。

                                        ~おやすみなさい~

 

ギターで交響曲

津田先生のオパールコンサートへ行ってきました。オパールとは、「Old Person's Active Life」の頭文字をとったものだそうです。

  面白かったです。

実は、今日のコンサートは、昨年5月に発売された本、「ギターで弾きたいクラシック名曲集」が、プログラムに盛り込まれるのではないかと予想していましたら、的中 sign03

 とても、興味津々でした。

20曲ある中から、なんと8曲も演奏してくださったのです。そのうち4曲は、交響曲なのです。

<ドボルザーク・ブラームス・マーラー・ベートーヴェン> 曲目は、本を見てください。

曲のいいところや必要な音を拾った、いわば、エッセンスでした。

マーラーの曲なんて、知らずに聞いたら、ギターオリジナルだと思うんんじゃないかな???

風邪をひいて・・・

またまた、最後の日記から、1週間以上たっていました。

実は、先週風邪をひいていまいまして・・・

「バカは、風邪ひかない!」そうで、ここ何年か、まったく風邪ひかなかったのですが、

木曜日の午後、突然喉が痛くなり、唾をのみこむのも引っかかる感じ、そして、翌日は、ミズバナがズルズル、ティシュの箱が手放せない状態でした。

幸いなことに、熱は、出ませんでした。(私は、めったに熱が出ない体質で、熱で寝込んでしまったということは、ほとんどありません。が、熱が出ると、37.3~37.5 で、起きてられないくらい、フラフラになります。2,3回しか、ありませんけどね)

というわけで、夜更かしは、やめて、早寝をして、PCも開かないままだったのです。

・・・・・別に、しなくてもいい言い訳ですが・・・・・

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

無料ブログはココログ