« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

今年の桜は・・

今年の桜は、見頃が長い気がします。

東京の満開宣言(?)=靖国神社の中にある気象庁の基準木が満開になったのは、22日、

ちょうど1週間前でした。そののち、気温が下がったので、まだ、あちこちの桜が満開です。

私が大好きな四谷=市ヶ谷=靖国通りの桜は、ちょうど見頃、ご近所の大きな桜の木も今満開です。

この週末、桜見物には、天気がいまいちのようですが、桜のためには、ちょうどいいのかな。

コンチェルト グロッソ Op.3 No.8

クラッセ管弦アンサンブルは、1月より 「コンチェルト グロッソ Op.3 No.8」(ヴィヴァルディ)に取り組んでいます。

1月:第1楽章、2月:第2楽章、そして、3月:第3楽章 と、とりあえず、最後までいきました。

その日に、楽譜をもらって、いきなりですから、かなり大変です。初見演奏の練習にはなりますが、初見演奏が苦手な私には、相当、たいへんなことなのです。

ところが、この曲は、昔、やったことがあるのです。

もともとは、ヴァイオリン2本がソリストの曲なのですが、、ギター三重奏にアレンジされた楽譜があり、以前、ギターだけで、演奏したことがありました。曲をよ~く知っていること、また、1回やったことがある(しかも、半端ではなく、かなり、練習しました)曲だと、弾けるんですね。途中で、わからななっても、どこかで、入り込める。

今回は、ビオラとチェロのパートをギターで受け持っています。

ギター同士でも、ユニゾンや掛け合いの場面もあり、なかなか、おもしろいです。さらに、今回は、ヴァイオリンやフルートの方と一緒に、よりオリジナルに近い演奏ができるので、どんなふうに仕上がっていくのか、とても楽しみです。

とある研修会で

今週で、今年度も終わり。

「とある研修会」も、今日が、今年度最後でした。先輩や、上手な人に励まされながら、なんとか、続いています。全然できなかったことも、ほんのわずか、少しだけ、できるようになりました。

アンサンブルもそうだけど、人と一緒にやるのは、楽しいし、挫折したり、落ち込んだりしながらも、なんとか、続く気がします。

4月からも、また、あるそうです。もちろん、申し込みしました。

エル・グレコ展

今、上野の東京都美術館で「エル・グレコ展」をやっています。(4月7日まで)

先日、見てきました。

きっかけは、スペイン旅行。マドリッドのプラド美術館、トレドのサン・トメ教会で、エル・グレコの絵を、初めて見ました。

それまで、絵は、あまり関心がなく、自分から美術館へ行くようなことは、ほとんどなかったのですが、スペインで見たときのガイドさんの説明が、とても分かりやすく、興味深く、わたしのような何も知らないものにもわかりやすく、興味を持つような説明の仕方だったのです。

特に、エル・グレコ、ベラスケスの説明は、今でも、頭にのこっています。

だいぶ前ですが、NHK BSでも、特集をやっていました。

同じBSで、先週の土曜日、天海祐希が、スペインを訪れるという番組もありました。たまたま、偶然に見つけたのですが、なかなか 面白かったです。

実際に訪れた土地だと、親しみも湧くし、身近に感じられる気がします。

オパールコンサート NO.19

<オパールギターコンサート MO.19>

4月6日 (土)  14時30分 開演  (14時 開場)

根津教会 (文京区、地下鉄千代田線 根津駅1番出口 徒歩5分) 地図 

お話しとギター : 津田 昭治

Img

クリックすると、大きくなります。

カード1枚で、

IC乗車券 10種類のカードが繋がりました。

JR東日本のSUICAを使って、福岡の地下鉄や西鉄バスには乗れましたが、PASMO(首都圏の鉄道。バス)では、福岡の電車やバスはのれませんでした。それが、今日から、乗れるようになったのです。

10種類のカードが相互利用できるようになりました。便利です。

ただし、JR各社が分けるエリアをまたぐ形では、利用できないのだそうです。

これからは、suica とスマートフォン があれば、自宅から福岡の実家へ行けるというわけです。(飛行機もスマートフォンで予約して、それで、チャランとチェックインできるから、アナロクの私は、印刷しないと、不安ですが)

桜満開

東京は、昨日桜が満開となったそうです。(気象庁の基準木)

早いですね!確かにどこの桜の木も、朝と夕方では、咲き方が、全然違う

Dsc01393
東京の基準木は、靖国神社にあります。

これは、21日(木)朝の様子。まだ、5~6部咲き程度だったのですが、・・・・

駅でバイバイ

2週続けて、AZちゃんが、やってきました。2週目は、緊張感も少ないようでした。

「お外行こう!お外行こう!」というから、靴を履いて(自分で履けるようになっていました。)

プランターに水をやりました。自分の家でもやっていたらしいです。

帰り、駅まで送っていきました。ママは、スイカではなく、回数券をつかっています。1枚分お得だから。切符を改札に通して、出てきたのを取るのが、やりたくてたまらないみたい。

確かに、子供って、そういう時期がありますよね。

改札を通ると、ママと手をつないで、トコトコと歩いていきました。

何歩か歩くと、チラッと後ろを振り返り、また、何歩か歩くと、振り返り、手を振ってやると、バイバイして、ホームへ上がっていきました。

今度やってくるのは、4月です。(待ち遠しいな!!)

おはぎ

今日は、お彼岸の中日、お墓参りへ行かれた方も多いでしょうね!

お墓は、遠いので、お墓参りはしませんでしたが、おはぎをつくりました。珍しく、何も予定がなかったからです。小豆ももち米も昨年秋に獲れたものがあったし・・

新豆は、早く煮えます。うまくできました。AZちゃんに持って行ってやろうかなと思ったけど、あんこは、あまり食べないらしいから、ご近所のおばあちゃま方へ配ったら、とても喜んでもらいました。「昔は、よく作ってご近所にさし上げてたのよ」といいながら、ニコニコで、うれしそう。前の家の方は、「ちょっと上がってお茶飲んでいかない」とお誘いをうけ、帰りには、山形のめずらしいおかしをたくさんもらって帰ってきました。おはぎ以上のものをいただいた気がします。

マグノリアが満開

駅へ行く途中に、大きなマグノリア(白木蓮)の木があります。今日の夕方、満開になっていました。

でも、見ていて、かわいそうな気持ちになります。

花が、小さいのです。いつもは、もっと大きいのに。つぼみが大きくなりきらないまま、急に暖かくなったので、びっくりして開いてしまったという感じです。

マグノリアが、開花(満開だったかな?)して、ほぼ、1週間で桜が開花すると、聞いたことがありますが、桜の開花予報が、早まりましたね!

ニースカーニバル(昼のパレード)

南フランス、コートダジュール地方で最も大きな町「ニース」 カンヌ国際映画祭で有名なカンヌの町もすぐ近くです。

ここでも2月中旬ごろから、3月上旬にかけて、カーニバルが開催されます。そして、カーニバルが終わると、ニースに本格的な春が訪れるのだそうです。

ニースカーニバル(昼のパレード)写真集

動画もとってみました。初めてなので、あまりよく取れていませんが、こちらの方をみると、その場にいるかのように感じられるかも・・

ニースカーニバル①

ニースカーニバル②

ニースカーニバル③

ニースカーニバル④

ニースカーニバル⑤

ニースカーニバル⑥

たくさんありますが、10~20秒の短いものばかりです。

もっとも、ニースカーニバルを表していると思うのは、①、②、⑥ 、かな。

花々で飾った山車で、女王様が、花を投げながらとおっていきます。1周回ってくるころには、花がなくなり、鉄骨がむき出しになっている山車もありました。

間には、お祭りらしく、踊り、曲芸、などもとおっていきます。③、④、⑤、

とりわけ、④の大地球儀で玉乗りしていくのは、すごいなと思いました。

お留守番

先週のひな祭りパーティに続き、今日も、AZちゃんが、やってきました。

今日は、ジジ&ババとAZちゃんで、お留守番をするためです。我が家には、子供のおもちゃはないけれど、AZちゃんが、お気に入りの物が、いろいろあるみたいです。(というか)自分の家では、「ダメ」といわれても、ジジとババは、あんまり、言わないからね。時々、ちらぁ!ちらぁ!とこちらの顔色をうかがって遊んでいます。

お昼ご飯は、ハンバーグをたべました。おばあちゃまの手作り。きょうは、思いのほか、トマトソースがうまくし仕上がりました。小さいのを2個、ぺろりと平らげたのには、ちょっとびっくり!でも食べるまで、飛び跳ねて遊んでたから、おなかもすいたよね。

キュウリやトマトも食べて、「おごちそうさま」。ちゃんと手をあわせて言えました。<エライ!>

「AZちゃんが来ると、ごちそうが食べられる・・・・」  というのは、ジジの言葉。

帰ってきたママは、なんて言ったかというと、

「座っただけで、ご飯が出てきて、すぐ食べられるなんて、超 最高・・!!!」

フランスでレモン祭り

3月9日の日経新聞にマントンレモン祭りが、出ていました。英語の勉強の教材としてですが。目の当たりに見てきたので、気づき方が、変わってくる気がします。

Img

(クリックすると、大きくなりますよ。)

Dsc00694

Dsc00699ed
角度が違うけど、このオブジェだと思います。

マントンレモン祭り

南フランスのイタリアとの国境近くに、マントンという都市があります。

2月中旬から下旬にかけて、レモン祭りが行われます。パレードと中央公園でのオブジェの二つがあります。

 

中央公園でのオブジェ (写真)

パレードの写真

<動画>

マントンレモン祭り①  ・・・出発は、レモンちゃん

マントンレモン祭り②  ・・・これ、ちょっとびっくりする映像があります。

マントンレモン祭り③  ・・・ラクダを巧みに操って・・

マントンレモン祭り④  ・・・ブラスバンド

<動画>のほうが、臨場感があって、おもしろいです。コメントもつけています。

P3060003

これは、マントンで買ったレモンのリキュール。大きいビンは、甘いです。

氷を入れた、炭酸水で割ると、good!

紅茶にいれたり、レモンケーキを作るときに入れたらおいしいだろうなと思います。

コクトーの絵

Kokutohagaki_3

コクトー美術館で見つけた私のお気に入りの1枚です。

これを見た瞬間、私の頭の中に、「スペインセレナーデ」が広がりました

男性が、恋い焦がれる女性の家の窓の下で、ギターを弾いています。
彼女が、その音楽に気づき、男性の求愛に答える意志があると、彼女の部屋の窓が開くのです。

プロバンスと蝉

以前「てんとう虫のチョコ」を、紹介したことがあります。

古くからヨーロッパでは、「てんとう虫が身体にとまると、あなたにも春(幸せ)がやってきますよ」いう言い伝えがあり、てんとう虫は、幸せのシンボルとして、広く親しまれているのだそうです。

日本では、「フクロウ」や「かえる」、「信楽焼きのタヌキ」などが、幸福を呼ぶといわれることがありますね。

南フランスのプロバンスでは、<「蝉」は、幸運の印>なのだそうです。あちこちで蝉のオブジェを見かけますし、蝉の石鹸、蝉を描いたお皿など、いろいろあります。

(個人的には、蝉の絵のお皿で食事は、・・・ちょっと・・・できないかな)

Photo

ひな祭り

今年は、3月3日は、日曜日でしたので、頑張って、ひな祭りパーティをしました。

AZちゃんも大きくなり、もうすぐ2歳4か月です。(はやいでしょ!)もう大抵のものは食べます。

食べられないのは、チョコレート・キャンディ・キャラメルの類。食べられないんじゃなくて、ママに禁止されてるらしいです。でも、特別な日のケーキは、許可が出るそうです。ママが、たべたいからじゃないのかな???

AZちゃんの大好物は、イチゴ・バナナ・ほんのり甘い棒状のスナックパン・えびせん。

イチゴを食べるときの速いこと、速いこと、びっくりです。

Dsc01384

ケーキの雪洞は、ろうそくになっていました。

久しぶりに・・・ブログ更新

最後の日記を書いてから、3週間も過ぎてしまいました。

今日「お元気ですか?まさか、寝込んでるわけじゃないよね?」というメールをいただきました。涙が出るほど、嬉しかったです。

ブログの更新をしなかったのは、リフレッシュの旅をしていたことと、PCが新しくなり、そのいろいろな設定に追われていたのと、慣れないPCゆえ、とても、とても時間がかかっているからでした。

一番心配していた「筆王」は、使えるようになったので、一安心。ある名簿を預かっているからです。写真の取り込みもできるようになりました。これで、ブログがより充実します。データのお引越しは、まだ全然。必要なものから、ボチボチやります。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

無料ブログはココログ