« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

幸福の木の花

またまた、幸福の木の花芽が付きました。

Dsc00193_2

花芽が付くのは、とっても嬉しいことだけど、咲くと強烈な臭いがするのよね・・・

かといって、切るのは可哀想だし・・・・

東京家族

この週末、東京は、晴れていい天気でした。昨日は、風が強かったけれど、今日は、風もあまり吹かず、家でじっとしてるのはもったいないと・・・出かけた先は、映画館。家にいるのとあんまり変わらないけどね。

見たのは、『東京家族』 サービスデーでもないのに、とっても混んでいました。ほぼ満席。

予想外だったのは、若い人が多かったこと。日曜日ということもあったでしょうが。

60年前作られた映画の物語や登場人物の大筋はそのままで、60年後の現代に社会や家族を移して作られたものなのだそうです。60年前の作品は、見たこともないし、全然知りません。現代の自分の視点・感覚で見ているつもりが、どうしても、いつのまにか、自分の家族にスライドしてしまいました。涙が出てくる場面が、たくさんありました。終わってふり返ると、自分が親の立場でみたり、子供の立場でみたり、気持ちが揺れ動いていたことに気づきました。

住まいの舞台設定など、まだどちらかと言うと 昭和的な印象が強く、家族の結びつき、思いやりなども、平成の現代とは、ちょっとまた違うかなとも思います。

若い人たちは、どんな気持ちでみて、どんな感想をもったのでしょうか? 

きっかけは、新聞の映画案内でした。

Imged

クリックすると大きくなりますよ。

リーブラフェスティバル2013

今年も < アンサンブル・スピカ >で、参加します。

入場無料ですし、ケーキはじめ食べ物・飲み物などもあります。

どうぞ、お越しください。

Img

スピカが演奏するのは、2月10日 日曜日 12時45分~

予定プログラムは、   

    <タンゴより>

        エル・チョクロ

        ラ・クンパルシータ

        マイアミビーチルンバ

    <日本の歌より>

        あの街この街

        あわて床屋

        七つの子

        ゆうやけこやけ

        秋桜

    <世界の歌より>

        美しく青きドナウ

        乾杯のうた(オペラ「椿姫」より)

数は多いけど、短い曲ばかりです。

管弦発表会

今日は、銀座YAMAHAホールで、自由が丘教室の発表会でした。

クワトロクローバーズの一人が、自由が丘トリオで出演するし、他にも何人か仲間が演奏します。

トリオが演奏したのは、NHKテレビで流れていた「花は咲く」(東日本大震災復興支援ソング)です。津田先生がギター三重奏にアレンジされたもので、現代ギターの今月号に楽譜が掲載されています。

5月、6月、ウィーン少年合唱団がやってきます。東京は、オペラシティコンサートホール・サントリーホールで、7回くらい公演するようですが、「花は咲く」は、全公演で歌うみたいです。

オカリナの演奏ありました。「コンドルは飛んでいく」を演奏された熟年のおじ様、とっても素晴らしかったです。小さなオカリナと普通くらいのオカリナを二つ首から下げて、曲の部分部分で吹き分けられていました。

学生時代から吹奏楽か何かで、相当演奏歴をお持ちだなと思いわれる方もいました。音がとてもしっかりしていて、ピアノに負けていませんでした。

伴奏のピアノに負けてるようにきこえる曲は、ちょっと気の毒。伴奏の先生とのあわせって、いつ、どこで、何回くらいあるのかな????内情は、知りませんが、伴奏によって、弾き(吹き)やすくも弾き(吹き)にくくもなるでしょうにね。

最後の締めは、もちろん、講師演奏です。

村治佳織&村治奏一ギターデュオ

先週から今週は、いろいろと行事の多い1週間でした。

今日は、地元の杉並公会堂で、<村治佳織&村治奏一 ギターデュオ>コンサートへ行ってきました。

ものすごく面白い、プログラムでした。

<DUO>

ウイリアム・ローズ=ジュリナンブリーム編曲:2つのギターのための組曲

フェルナンド・ソル:幻想曲 OP54bis

フェルディナンド・カルリ:ヴェニスの謝肉祭による変奏曲

モーリス・ラヴェル=えみりお・プジョル編曲:亡き女王のためのパヴァーヌ

ルイジ・ホッケリーニ=ロニー・ルイミー編曲:序奏とファンタンゴ

<SOLO>

西村 朗:玉響(たまゆら)・・・・・・村治奏一グスタフまーらー=佐藤弘和編曲:アラージェット~交響曲第5番から 第4楽章・・・村治佳織


<DUO>

渡辺香津美:イチジクとザクロ

ギターをやっている人には、この上ないプログラム。ましてや、チャレンジした曲、チャレンジして挫折した曲、いつか、もっと上手になったらやってみたいなと思った曲。

どれもこれも演奏は、素晴らしかったのですが、どれか一つ選ぶとすれば、「亡き女王の玉のパヴァーヌ」を私は、選びます。表情、表現にとっても惹かれるものがありました。

演奏もさることながら、衣装がとても華やかで、ステージに座ってギターを抱えているだけで、もう芸術的な感じが漂ってきていました。第1部は、ウエディングドレスみたいな薄いピンクのドレスで、第2部は、白いシャツに黒のパンツ、右足の部分だけ、フラメンコの衣装みたいな赤いスカートみたいなものがくっついているのです。普通の人が着たら、きっと変だと思われそうな衣装も、佳織ちゃんが着ると様になる・・・

5月12日(日)やはり杉並公会堂で日本フィルとアランフェスを共演します。(村治佳織)

チケット買っちゃいました。 (*^。^*)

あずきミルク

Dsc00159ed

横浜の老舗ホテル、ニューグランドのカフェで1月限定のメニューです。

お汁粉のようなかんじのものの上にあわ立てたミルクをのせ、その上に、お抹茶で干支をかいたもの。漢字と絵の2種類ありました。

雪だるま

雪だるま
昔 むかしを 思い出します!

夜のスカイツリー

Dsc0009ed1_2

Dsc00099ed

Dsc00101ed

「 東京」 大きいな、広いな と感じます。

そして、大都会だとも。

東京に大雪

予想以上に降りました。自宅付近は、10時ごろから雪に代わり、やむことなく1日中 ふっていました。

Dsc00120

お昼過ぎは、全体が白くなった感じ。だんだんボタン雪になって、見る見るうちにつもり、

夕方は、ドサ、ドサ っという音が時々聞こえます。積もった雪が落ちる音でした。

Dsc00123ed

夜には、雨にかわっています。

明日の朝、凍結してないといいのですが・・・むりかな。

今日は、1歩も外に出ない1日でした。

咲きました、「カランコエ」

カランコエ

Photo_4

バータイム

「バータイム」という言葉、ご存知ですか?

私が、この言葉を始めて耳にしたのは、美容室でした。仕上がりの時間を気にしていたら、美容師さんが、「大丈夫ですよ! 間に合います。この時計バータイムになっていますから」と言われたのです。

昨日、カクテル「東京駅」を書きながら、杉本氏のことを調べていたら、こんな記事を見つけました。「バータイム」の先駆者ですね。

さりげない気配りの一つとして、バーの時計の針を5分間進めておくことにした。列車に乗り遅れまいと、急いだ酔客が階段で転んだりしないように、との気遣いから。発車時間が迫ると、客にそっと声をかける。「そろそろですよ」

カクテル 「東京駅」 

P1055736

東京駅の赤レンガをイメージして、作られたオリジナルカクテル 『東京駅』

10月はじめにリニュアルオープンした「東京ステーションホテル」のバー「Oak]の名物バーテンダー杉本氏の創作です。TVのニュースなどでも盛んに放送されていました。

お店の写真は、遠慮しましたので、こちらをどうぞ。

続きを読む "カクテル 「東京駅」 " »

レ・ミゼラブル観てきました

観てきました!映画『レ・ミゼラブル』  

なかなかよかったです。話が話しだけに、重たい部分もたくさんありますが、すごい迫力がありました。大きなスクリーンにUPで映し出される場面は、ミュージカルでは、見られません。UPで映し出されるだけに、細かな表情や動きが見られます。

言葉は、せりふというより、歌で表現されています。俳優さんたちが 生で歌っています。吹き替えではないそうで、オペラ的な歌い方ではなく、語りかけるような歌い方が、より心情を強く表現してるように感じました。

上映開始から、間もないということもあるでしょうが、大きな映画館が満席でした。

そのまま帰るのは、ちょっともったいない気がして、映画をふり返りながらお茶をして帰ってきました。

Dsc00085

よく知らずに、飛び込んだ喫茶店でしたが、ノリタケのカップにウェッジウッドのケーキ皿。益々嬉しくなりました。

私のお正月休みの1コマでした。

ふたを開けたら

今日は、仕事はじめ。いきなり、株価が上がり、幸先のよい1年になりそうです。

仕事始めとはいえ、今日は、休みだった人が多いだろうなと思うなか、主人は、安全祈願のため、いつもより早く出かけていきました。

  さあ~ ギター弾こう!!!

ギターケースのふたを開けたら、・・・・

  弦が切れていたわけじゃありません。 

  こんなものが出てきました。

Dsc00089

髪飾りです。ああ!そうだった。入れっぱなしだった。

  ということは・・・・・   もしかして・・・

クリスマス会で弾いたきり、ギターにさわっていないということでした。指動くかな??

こういうとき、指を痛めやすいんですよね。指が慣れていないのに、無理して弾くと。今日は、指慣らしだけで終わり。

ところで、この髪飾りは、クラッセのクリスマスコンサートの日、ギター&ウクレレアンサンブルで、『ハワイのクリスマスの歌』を演奏したとき、みんなでつけたのです。

私は、赤でしたが、白・黄色・うす緑・ピンク。みんな違う色。並んだら、綺麗だったそうです。

続きを読む "ふたを開けたら" »

GRANNY SMITH

Dsc00084

<GRANNY   SMITH> アップルパイ のお店です。

Dsc00082

中身が微妙に違っていて、<カスタードクリーム入り>とか、<シナモン入り>とか、<ジンジャー入り>とか、数種類あるそうです。中身の違いによって、表面の模様が違うみたいです。中には、りんごがた~くさんはいっていて、それがものすごくおいしいのです。デパートなどには、入ってなくて、そこのお店に行かないと手に入らないところが、希少価値だし、おいしさの秘密かも・・・・

お正月も終わり

今日でお正月も終わりました。みなさんはどんなお正月でしたか?

残念ながら、AZちゃんは来なかったけれど、次女と3人で過ごした年末年始でした。そして、いつものように、九州から食材を送ってもらい、九州のお雑煮で、元旦を迎えることが出来ました。よくよく考えれば、なんという贅沢なことだろうと思います。ありがたいことだと思います。親が元気でいればこそのことだし、二人とも九州出身だから余計に九州のお雑煮にこだわるのだろうと思います。

  我が家のお雑煮    かつお菜   志岐かまぼこ

両親もだんだん年をとってきたし、こんなお正月もそろそろ終わりかな・・・と思いながら、味わった九州のお雑煮でした。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

無料ブログはココログ