« iPad 掌中に。 | トップページ | 連休の谷間 »

クローバーズ・ウクレレクインテット

<津田昭治 ウクレレ公開レッスンとミニコンサート>

今回は、G・Wの初日ということもあり、参加者が少なかった。その分、密度が濃く、私には、<単発のウクレレ講習会>という印象だった。今日の3時間のことを、私がレッスンでやったら、半年以上(いや1年以上)かかるだろうなと思うくらいの内容に感じた。

とりわけ、勉強になったのは、『 ウクレレソロの基本について 』というコーナー。

「ウクレレソロの原則 (10項目)」があり、なるほど、なるほどとうなずくことばかり。

次が、コードの話。コードと主旋律との関係などなど・・・

ウクレレが初めての私には、本当に面白い講座でした。

もちろん聴講だけでも可能だが、やはり弾いてレッスンしてもらう方が数倍楽しいし、勉強になるということで・・・

いつものギターカルテットのクワトロ・クローバーズ&ママン>で、ウクレレクインテットアンサンブルをしました。

クワトロ・クローバーズ&ママン>は、クラッセ管弦アンサンブルのメンバーで、ママンは、まさに4人のママン的存在です。

弾いた曲は、『CHA・CHA』、(『おもちゃのチャチャチャ』 の『チャチャチャ』と同じリズム)

題名は、『TEA FOR TWO(二人でお茶を)』でした。

実は、この日初めて5人揃って合わせたのです。(4人では、1度やったけど)

始まる前に合わせるのかと思っていた私は、遅刻しそうになりとってもあせったのですが、公開レッスンだから、あわせるところからレッスンということで、本当にぶっつけ本番でした。

いろいろなアドバイス貴重なご指導をたくさんいただきました。

ひとつだけ、ご紹介しますね。

「曲の最後は、みんなで顔を見合って、にこっと笑うこと。クラシックじゃないんだから、しかめ面で終わらない。笑顔で・・笑顔で・・・・」

初めて合わせ必至だったから、笑顔どころではなかったというのが本音でしたが、本当の本番は、たぶん、12月の『クラッセ管弦アンサンブル・クリスマスコンサート』。

5人の美しい微笑をご期待ください!!!

« iPad 掌中に。 | トップページ | 連休の谷間 »

津田倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iPad 掌中に。 | トップページ | 連休の谷間 »

無料ブログはココログ