« ドイツの友人を訪ねて | トップページ | フランクフルト名物 »

クリスマス市とは?

<クリスマス市とは、どんなもの?>

一言で言うと、日本の「縁日」のようなもの。

お正月、初詣に行くと、参道にたくさんの小さなお店が立つ。食べ物やさん・おもちゃ屋さん・雑貨屋さんなどなど。まさに、ドイツのクリスマス市もそんな感じである。そして、クリスマスに関するもの(人形・お飾りやろうそくなど)が、一番多い。暖かそうなスリッパや靴下、帽子などの店もあった。

ちよっと違うのは、どのクリスマス市でも大きなクリスマスツリーとなぜかメリーゴーランド(時には、観覧車があることである。(←本当は、理由があるのだろうが)そして、どの店もクリスマス市を盛り上げるために可愛い、美しい、飾りつけがしてある。

Pc034765

Pc034762

Pc034763

(左)フランクフルトレーマー広場のクリスマスツリー

(右)クリスマスにちなんだお人形

Pc064914

Pc064935

お店の屋根の上の飾り

Pc064918_2

Pc064926

観覧車 かなり速く回っていた。

ライプチヒでは、駅の構内にメリーゴーランドがあって、ちょっとびっくり

Pc064925

Pc064938

Pc064934

そして、日本でお正月、「甘酒」を売っているように、クリスマス市では、「グリューワイン」というホットワインがある。可愛い模様のマグカップに並々とついであり、品物とコインをもらう。カップは、戻すと返金される。コインは、どの店のものかをあらわしているのだろう。

そのマグカップが、場所や店によって違うのである。ガラス越しでぼけているが、上は、ライプチヒで見つけた子どもの長靴のような形のマグカップ。下は、フランクフルトのまぐカップ。もちろん、返却せずに持ち帰ってもOKです。

Pc145304

Pc145303

カップの内側には、サッカーボールとスタジアムの絵入                             

                            

Pc145306

Pc145308_2

コインの表と裏

« ドイツの友人を訪ねて | トップページ | フランクフルト名物 »

ドイツクリスマス市を訪ねて2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツの友人を訪ねて | トップページ | フランクフルト名物 »

無料ブログはココログ