« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

明日からアドベント

明日の日曜日から、クリスマスのアドベントが始まります。

昔は、アドベントカレンダーを買って、毎日、窓をひとつずつ開けて、子どもがチョコを食べてたけど、いなくなってしまったし・・・我が家の天使は、まだ、チョコは、食べることができません。(今年は、12月中旬までやってくるので、一緒にカレンダーに穴を開けていく絶好のチャンスだったんだけどなぁ・・)

でも、何かやりたい・・・この間、ほどほどの値段でステキなリースをみつけました。

Pb264753

発表会

先日、恒例の「津田ギター教室、発表会」がいつもの場所でありました。

今年は、40回くらいになるそうです。初代の生徒さんが、おっしゃっていました。

こんなことを書いている私だって、両手の指では、足りなくなりましたからね。

最も印象にのこっているのは、最初の3人の方。

トップバッターは、レッスン4回で、初出場という熟年紳士。昔やっていらっしゃったのかな?と思ったら、全くの初心者、でも音が、しっかりと出て、堂々と演奏されました。

「発表会がありますよ、でませんか?」と先生がおっしゃったら、

「返事は、来週まで待ってください。家族に相談します。」

とおっしゃったそうです。

そして、1週間後、

「 『発表会があるなら、ぜひ、やってみればどうですか・』と家族全員に言われたので、参加します」

ということで、初参加となったそうです。本人も頑張られたけど、家族の支えと応援も、すごかったんだな、と思いました。

2番目は、「アストリアス」を弾いた青年。「3年がかりでやるつもりなので、今年は、ここまでです。」ということでした。途中までだったけど、なんとなく、それらしく聞こえてきましたよ。

「3年がかり」というところが、すばらしいと思います。私は、3ヶ月で挫折。やめてしまいました。

3番目は、ベートーベン「運命」を弾かれた女性。

2~3ヶ月前、「現代ギター」に掲載された先生のアレンジです。私も、やってみようと思っていたところ、先を越されちゃいました。

他には、

ヴァイス「ファンタジー」を弾いた男性。聞きながら、私も、以前やったなぁ・・・楽譜も同じ、B♭

最近弾いてないので、今度の休みにでも弾いてみよう・・など考えながら、聞いていました。

あら?ギターを代えたのかなと思う人も何人かいました。みんな、いい音色でした。

終わったら、懇親会をして、いろんなことをたくさんおしゃべりして、お開きとなりました。

これが終わらないと、師走にはならず、クリスマスアドベントも始まりません。そのくらい、大きなウエイトを占めるようになってしまいました。

いただきますとごちそうさま

今日、仕事から帰ると、天使とママがやってきて、朝作っておいたハンバーグトマトソースを食べている最中でした。ハンバーグだとひき肉なので、天使も食べられるのです。

さて、先週、「ひとつ」を覚えて帰り、パパにやって見せたら、パパがびっくりしたそうです。「上手!・・」とほめたら、手をパチパチ、拍手。上手のポーズをしたとか・・・

今週は、何を教えようかな・・と考えていたら、「いただきますとごちそうさま」にしてというママの希望。パチパチができるから、ちょうどいいかもね。金曜日までにできるようになるかな?

ちょっと楽しみです。

ジュリアンブリーム 「ギターラ」

Breamguitarra

買いました!ジュリアンブリームの「ギターラ」 DVDです。

きっかけは、ボッケリーニの「序奏とファンタンゴ」でした。

あることから、オリジナルを聞いてみたいという話になり、VHSをDVDにコピーしたものをお借りしました。それは、2巻組みの1巻でした。

ビデオを見て、とても感動しました。単に、世界でトップクラスのアーティストが演奏するDVDというのではなく、ギターの歴史、スペインの歴史、スペインの絵画、そして、スペインの風景とギター曲というビデオでした。ほんのちょっとではありましたが、ギター工房でギターを作っている場面も出てきます。ボディのカーブを作るために、薄い木を型にあてて、上から圧縮するような場面や、ブリッジを作っている場面なども出てきました。

バロック時代の曲は、ヴィウエラやバロックギターで演奏しています。その楽器の素晴らしいこと!ロゼッタも凝っているし、模様もかわいらしい。弦はダブルコースで、音色も深い趣がありました。

現代では、あまり見ることのない、ヴィウエラやバロックギターですが、ヨーロッパの楽器博物館などを訪れると、いろんなヴィウエラやバロックギターに出会います。

古典時代のソルとアグアド、2人は、爪の使い方が全く違っていたそうです。当時?の弦に対する指の当て方みたいな絵も出てきます。対照的な2人で、比較されたり、ライバルだったりしてようですが、大の仲良しだったと、ブリームは話していました。

ロマン派といえば、タルレガ、もちろん「アルハンブラの思い出」は、アルハンブラ宮殿の映像です。有名なライオン広場のライオンの前でも演奏しています。

(私がアルハンブラへ行ったときは、ライオンは修復中で、1匹もいなくて、がらんとしていました。修復がおわった1匹だけ、建物の中においてあり、ガラス越しにそとから眺めただけでした。なるほど、本当は、こんな風景なのね、と思ってしまいました。)

お目当てのボッケリーニ「序奏とファンタンゴ」は、バロックの一番最後でした。

二重奏なのですが、ブリームが2役。白っぽいスーツと青のスーツで時々相手を見てニコッと笑って演奏しています。服は違うけれど、ギターは、同じでした。

演奏している手も写しだされているけれど、スペインのいろんなところの風景、土地の人々の様子や表情、また、絵画や残されている本(記述)なども出てきます。

途中、フラメンコの紹介もあり、スペインギターの歴史紹介ともいえるものでした。

お借りしたビデオは、2本組の1本なので、ここまででした。(日本語字幕付き)

とても感動して、自分も欲しくなってしまい、ネット検索したら、DVDを見つけたので、即購入。なんと、翌日、自宅に届きました。

夜、全てを終えて、スイッチオン。

演奏の音も、ジュリアンブリームの話も解説も聞こえるけど、いつまでたっても、日本語字幕が出てこない。

  しまったぁ~!!!   後の祭りでした。

購入したDVDは、1枚にビデオ2本分収録されており、

後半は、スペインの作曲家、グラナドス、アルベニスの曲。そして、20世紀のギター、最後は、もちろんアランフェス全楽章。

話がわからなくても、十分に楽しめます。

スペインとギターの歴史をたどるDVDだと思います。

曲目は、こちらをご覧ください。

ブリームが奏でるスペインの旅

第1章:序章 黄金の世紀
 〈アランフェス協奏曲〉
   第2楽章のカデンツァより
 〈ファンタジア第14番〉ムダーラ
 〈ファンタジア第22番〉ミラン
 〈パバーナ第6番〉ミラン
 〈皇帝の歌〉ナルバエス
 〈ラミロ王は席につかれた〉ナルバエス
 〈クラロス伯爵〉ナルバエス
 〈ラ・ロマネスカ〉ムダーラ
 〈ファンタジア第10番〉ムダーラ

第2章:宮廷舞曲 バロック・ギター
 〈カナリオス〉サンス
 〈パッサカリア〉サンス
 〈ガリアルダ〉サンス
 〈カナリオス〉ゲラウ
 〈マリオーナス〉ゲラウ
 〈ビリャーノ〉ゲラウ
 〈前奏曲とアレグロ〉ムルシア
 〈二つのギターのためのファンダンゴ〉ボッケリーニ

第3章:ロンド 古典派時代のギター
 〈グラン・ソロ序奏〉ソル
 〈グラン・ソロ・アレグロ〉ソル
 〈ロンド・イ短調〉アグアド
 〈魔笛の主題による変奏曲〉ソル

第4章:セレナード・フラメンコとロマン派のギター
 〈マリエータ〉タレガ
 〈セラーナス〉フラメンコ曲
 〈ソレア〉フラメンコ曲
 〈スペインのセレナード〉マラッツ
 〈アラビア風奇想曲〉タレガ
 〈アルハンブラの思い出〉タレガ

第5章:ラプソディ 
 グラナドスと国民主義
 〈スペイン舞曲第5番〉
 〈捧げる言葉〉
 〈ゴヤのマハ〉
 〈詩的ワルツ集〉
 〈スペイン舞曲第4番〉

第6章:招魂
 イサーク・アルベニス
 〈カディス〉
 〈グラナダ〉
 〈セヴィーリャ〉
 〈コルドバ〉

第7章:賛歌 20世紀のギター
 〈ソナチネ第1楽章〉モレーノ・トロバ
 〈ドヴュッシーの墓への賛歌〉ファリャ
 〈粉屋の踊り(バレエ「三角帽子」より)〉ファリャ
 〈ファンダンギーリョ〉トゥリーナ
 〈ティエント〉オアナ

第8章:協奏曲 フィナーレ
(アランフェス協奏曲第1楽章)
(アランフェス協奏曲第2楽章)
(アランフェス協奏曲第3楽章)
(収録時間240分)

話・ギター演奏
ジュリアン・ブリーム

出演
ジュリアン・ブリーム
パコ・ペーニャ(第4章)

指揮
チャールズ・グローヴス(第8章)

演奏
ヨーロッパ室内管弦楽団(第8章)

製作
ハリー・ガヴィン

監督
ローレンス・ボウルディング

続きを読む "ジュリアンブリーム 「ギターラ」" »

熱が出ちゃいました

4泊5日のお泊り、今週は、2ラーンめ。

昨日、熱が出てしまいました。朝、鼻水。午後には、熱が38度を越したので、夕方、病院へ行って薬を1日分だけ処方してもらって帰ってきました。

薬をだまして飲ませたら、げぼっと戻してしまい、しかも1度ではなく、機嫌もわるく、大変な一夜だったのですが、翌日は、少し良くなり、1回分の薬を2回に分けて、戻さないように、上手にのませたら、昼間、とてもよく寝たんだそうです。

2日間、閉じこもりきりだったママは、少々、ストレス気味。

夕方、私が帰ってきたら、天使の機嫌よさそうだったので、ママにお使いを頼み、天使と遊びながら、家の片付けをしました。楽しかったなぁ・・・(* ̄ー ̄*)

CDをかけたら、身体をゆすって、手をたたいて、ニコニコ・・・・

パチパチぱちぱち拍手と、手をpaperパーにしてタッチと、バイバイができるようになりました。

先日、お誕生日が来たので、「ひとつ」を今教えています。

4泊5日×5週間

~4泊5日×5週間~

きのうから、我が家の天使が、ママと一緒にやってきています。

月曜日にやってきて、金曜日に帰る4泊5日を4週間or5週間、天使といっしょの生活です。

昨日は、ちょっと緊張気味。

夜寝るのも早いけど、朝も早い。逆パターンのおばあちゃまには、ちょっと、辛いのですが・・でも、頑張って今朝は、早起きしました。

今日は、だいぶ慣れたかな。

さて、明日は、予防注射。また、泣くかな?

立つこと

久しぶりに、我が家の天使が泊りがけでやってきました。前に泊まったのはいつだったかなと思うくらい、久しぶりです。

ハイハイも上手になって、ちゃんとしたつかまり立ちができるようになっていました。(足腰の筋肉を使って)もうちょっとすれば、伝い歩きもできるでしょう。年内に歩けるようにならないかなぁとおばあちゃまは、応援しています。

全体の量は、まだまだですが、ご飯も食べています。声も発するようになり、機嫌がいいと、お歌もどきも歌っています。

ただ、眠くなると、おっぱいがないとだめなんです。

そんな我が家の天使も、もうすぐお誕生日。今度、ちょっと早めのお誕生会をするそうで、4人のじじ・ばばは、ご招待を受けました。

招待状をもらったので、ロウソク1本の大きなバースデーケーキを予約に行きました。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

無料ブログはココログ