« CDができました | トップページ | 「コクリコ坂から」 »

ヤマハ大人の音楽レッスン 合同発表会

凌ぎやすかった数日間から、一転して猛暑の休日、銀座ヤマハホールで、発表会がありました。津田倶楽部の催しだと、必ずといっていいほど楽器持参ですが、この日ばかりは、手ぶら。ワンピースででバックだけ持って、身も心も身軽に軽やかに、ルンルン気分。

今回は、演奏者の応援団。荷物持ち、荷物番、雑用、何でもいたします。

日ごろ「クワトロ・クローバーズ」を応援して下さる方々へのお礼を込めて。

というわけで、何をやったのかというと、録音機のスイッチを入れただけ。おかけで、最前列で意外にもとっても集中して聴いていました。

演奏は、

    フルートやのクラリネットのソロ、二重奏・三重奏・四重奏

    ウクレレソロ・クラシックギターソロ・ウクレレ合奏 など

皆さん、とっても上手、上がった様子もなく、ミスなく演奏される。すごいなぁと思って聴いていました。

ず~っと使い込んでこられたのでしょう、見かけはちょっとかわいそうな感じの楽器でしたが、ものすごくいい音色でギターを弾かれた若い方がいらっしゃいました。丸くて柔らかい音、とっても印象に残る音でした。

あるお客さんが、初めて聴いて、とってもびっくりされていたのは、ウクレレ合奏の「運命」(ベートーベン)でした。確かに、聴いたことのない人は、驚きだろうと思います。

私が印象に残ったのは、ウクレレソロの「ラ・クンパルシータ」でした。タンゴのリズムを出しながら、たった4本の弦でメロディと伴奏を巧みに弾きこなしていらっしゃいました。

また、有名なショパンのピアノ曲や「タイスの瞑想曲」「エストレリータ」なども、ウクレレで弾けるんですよ!まさに、「小さなギター」という感じです。

最後は、講師演奏。若手講師と超ベテランの講師の二重奏。また、女性講師のカルテットは、とっても華やかでした。

« CDができました | トップページ | 「コクリコ坂から」 »

津田倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CDができました | トップページ | 「コクリコ坂から」 »

無料ブログはココログ