« はいはい | トップページ | CDができました »

書道展

受付を済ませて、会場へ1歩足を踏み入れると、そこは、黒と白の世界。

たたみ1枚くらいの大きな紙に薄墨で書かれたたった2文字の漢字、にじんでまるで縁取りをしたかのように美しくなっている。

びっしりと書かれた般若心教、万年筆でも書けないと思うくらいの小さな字を筆で書いてある。

柔らかな線の細い字で書かれた詩歌。横に添えられた水彩画の花が、またいい。

今年初めて見たのは、お皿に書いた書。妹さんが、真っ白のお皿に字を書き、その後、お姉さんが、絵を書いてやきつけたのだそうである。とっても素敵でした。

会場を見て回るうち、なんだか、心が落ち着き満たされていく気がしました。

書道っていいなぁと思います。どれも、丁寧に、綺麗に、心をこめて字を書いてあります。

心の余裕・ゆとりが感じられるのです。墨を磨るということだけでも、時間とゆとりがないとできませんから。

このところ、毎日、あわただしく、ばたばたと生活しているので、余計にそう感じたのかもしれません。

« はいはい | トップページ | CDができました »

管理人の部屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はいはい | トップページ | CDができました »

無料ブログはココログ