« クローバー模様 | トップページ | リーブラフェスティバル »

増田の小城羊羹

P1223827

佐賀県の小城というところに昔からある独特の羊羹があります。通称「小城羊羹」と言っていいます。どこが違うのかというと、表面が、砂糖を固めてコーティングしたような感じになっているのです。写真の白くなっているところがそうです。食べると、カリッとしていて、中は、柔らかい普通の羊羹です。

昔は、かりんとうくらいの大きさに切って、表面を固めたものもありましたが、今もあるのかなぁ。写真の羊羹は、物産展で買ったものです。

九州では、「小城羊羹」は、いろいろなお菓子屋さんで作っていますが、今日の写真は、増田の小城羊羹です。小城羊羹の本家と聞いたような気がするのですが、・・・?

私は、虎屋の羊羹が大好きなのですが、夫や父は、小城羊羹の方が好きだといいます。

九州の羊羹は、他の地方の羊羹より、甘い気がします。そして、塩分が少ないように感じます。(私の気のせいかも知れませんが・・・。)

« クローバー模様 | トップページ | リーブラフェスティバル »

九州の味」カテゴリの記事

味百選」カテゴリの記事

コメント

しゅんです。
佐賀の小城羊羹、僕ら博多っ子にはいつもそばにあったなつかしいお菓子ですね。小さく切ったものが売られていたので、10円や100円しか持っていない子供たちにも気軽に買えたような覚えがあります。ところで、小城市には、名物の小城羊羹の他に清水(きよみず)というところがあり、ここは名前のとおり水がきれいなところでここで捕れる(というか養殖されている)鯉は一級品でございます。引きこんだ川に泳いでいる鯉をしめて鯉の洗い、鯉こくなどを食させてくれるお店が山間にひしめいて、なかなかの風情です。京都の清水とは比べるべくもありませんが、川の上流にはこじんまり観音様もいらっしゃいます。小城羊羹付近の小さな食情報として。

コメントありがとうございます。

小さく切ったもののほうが、懐かしい感じがしますね。値段も安かったので子どもにも買えました。駄菓子のような存在だったと思います。夫が大好きな本当の理由は、そこにあるのかもしれません。

清水のことは、知りませんでした。このことですね。 ↓

http://hajime3776.fc2web.com/saganotaki.html

もっと詳しくは こちら  ↓

http://www.ajkj.jp/ajkj/saga/ogi/kanko/kiyomizu_taki/kiyomizu_taki.html

貴重な情報、ありがとうございます。博多へ行ったら、ぜひ、足を伸ばしてみたいです。

それより、今度の、<銀座で、博多もつ鍋の会> 楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クローバー模様 | トップページ | リーブラフェスティバル »

無料ブログはココログ