« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

南蔵院 アラカルト ご神木の雷神様

南蔵院の境内をぶらぶらしていたら、白い筋のある木に出会い、珍しいなと思って近寄ると、

P1013680

木に彫刻が施してありました。 (しめ縄で、見にくいですが)

P1013679

クリックすると、大きくなりますので、どうぞ、

                      つづく

suica でスイスイ

路線バスと電車のことを書いたので、次は、・・・

<バスと電車を繋ぐもの・>・・それは・・一体???

自宅のそばから、関東バスに乗る時に、 ぴっ!

JR東日本の改札口で ぴっ!

浜松町でモノレールに乗るときに、ぴっ!

空港で、飛行機にのるときは、印刷した二次元バーコードを ちゃらん!

そして、そして・・・・・福岡空港に着いて

福岡市営地下鉄に乗るときに、ぴっ!

天神から、西鉄電車に乗るときに、ぴっ!

博多駅から福北ゆたか線(JR九州)に乗るときに、ぴっ!

八木山峠へ行く西鉄バスに乗るときに、 ぴっ!

調子に乗って、ぴっ!、ぴっ!、ぴっ!、ぴっ!、ぴっ!、

とやっていたら、あるとき、ばたんと改札口が、しまってしまいました。

<投入金が不足しています>

続きを読む "suica でスイスイ" »

福北ゆたか線

昨日、路線バスのことを書いたので、今日は、ローカル電車の話。

福岡 正確には 博多駅(もっと正確には、吉塚駅)から 飯塚へ電車で行くには、「福北ゆたか線」を走る電車に乗ります。

福北ゆたか線」とは、

九州ゆたかに結ぶ路線>かと思ったら、<九州を結ぶ路線>でした。

Fukuhokuyutaka_line

昔の篠栗線は、1日に数本しかなくて、乗り遅れたら大変と、友達が走って駅へ向かっていたのを思い出します。

(注)「桂川」は 「かつらかわ」ではなく「けいせん」と読みます。

「城戸南蔵院駅」の隣に、「九郎原駅」というのがあり、これは「くろうばるえき」と読みます。

おなじように、福北ゆたか線の「長者原駅」は、「ちょうじゃばる」「原町駅」は「はるまち」

他の線ですが、「春日原」(かすがばる) 「白木原」(しらきばる) 「原田」(はるだ)  「中原」(なかばる) そして、良く知られている 「田原坂」(たばるざか)

九州北部では、「原」を(はる)(ばる)と読むことが多いです。

「福北ゆたか線」の「城戸南蔵院駅」の駅舎

P1013673

お寺を意識した駅舎です。この駅は、昔は「城戸」という駅名でしたが、1995年釈迦涅槃像が設置されてから同寺への参拝者が急増したため、2003年に駅名を「城戸南蔵院前」に改称されたそうです。

「城戸南蔵院駅」は、上の地図でいうと、吉塚と桂川の間にあります。

駅のすぐ傍には、

P1013674

九州では、「うどん・そば」なんです。「だご汁」は、九州(大分県)名物です。(ちなみに、東京は、「そば・うどん」ですが・・)

八木山峠 ~日経に紹介~

16日に紹介した、「八木山峠から」 今日(2010.8.21)の日経新聞夕刊に紹介されていました。

福岡市から、南蔵院のある篠栗町をとおり飯塚へと抜ける国道、ある一点を通過したとき、眼下に町並みが見えます。  そう、 飯塚の町。

その昔、トンネルがなかったので、福岡と飯塚を行き来するには、この八木山峠を越えるしかなかったそうです。そう高い峠ではないけれど、猛暑の夏、この峠の見晴台付近に立っていると、吹き抜ける風が心地よく、日陰にしばらくたたずんでいると、汗がす~っとひいていきました。

今は、トンネルができ、短い時間で楽に行き来できるようになったそうです。

この峠越えの国道を、1時間に1本ですが、路線バスが走っていました。バス会社としては、きっと廃止したい路線でしょうが、わずかでも乗客がいる限り、地元のことを思うと、廃止できない路線なのかもしれません。廃止せずに走らせている西鉄バス、立派だと思いました。

南蔵院 アラカルト 三鈷の松

<三鈷の松>

松葉が、3本ある松ノ木

P1013659

P1013658

この木なんですが、高くて見えませんね。落ちた松葉をさがしたけど、誰もがそう思うらしく、ありませんでした。

                  つづく

南蔵院 アラカルト 石像

境内の中を歩いていると、たくさんの石像に出会います。一番気に入ったのは、これ↓でした。

P1013662

字が上手になりますように・・(字を忘れませんように) 

おもわず、頭をなでたくなりませんか。

そして、こんなのも

P1013655

こちらは、本来「さる」のはずだけど・・・私には、どうしても「かえる」に見えるのです。

P1013663_2

水かけ地蔵 これは、お寺でよくみかけます。

P1013656

ちょっと変わった「お観音様」は、

P1013670

左側は、手に魚を持った「さば大師」、

右側は、かごに載せた魚に紐をかけ、紐を手で握った「魚霊観音」だそうです。    

               つづく

城戸南蔵院 涅槃像

P1013664

世界最大級の涅槃像(平成7年、完成)  全長41m、高さ11m、重さ300トン

お釈迦様の裏側に、入り口があって、体内に入ることが出来ます。お釈迦様の台座には本四国八十八ヶ寺のお砂を納めた石が、88枚敷いてあります。ひとつの石の下に、ひとつのお寺の砂があるそうです。その上を歩けば、にわかに、四国八十八ヶ寺をお参りしたことになる??(のかな)

途中で、急な階段をいくつか登ると、ちょうど顔の辺りにの高さ、お釈迦様のご神体と紅白の紐を介して接することができるようになっています。

あまりの大きさに、カメラに入りきらず、こちらは、足元

P1013665

涅槃像の前にたくさん並んでいるのは、「○月○日の御霊」とかかれており、365あるということです。

               つづく

南蔵院 本殿

P1013645

高野山真言宗別格本山篠栗四国総本寺 「南蔵院」

P1013649

大聖不動明王 (詳しい説明は、↓ クリックすると、大きくなります)

P1013651

                    

                                                 次へ

八木山峠から

P8153691

~八木山峠から飯塚の町を望む~

伸びてます

昨年、10月 花束に入っていたもの

Kyonenn

12月、「新芽が」で紹介しました。

夏になってさらに葉っぱが伸びで

P8073639

こんなに大きくなりました。

アンダルシア地方の旅

世界の車窓から 

DVDブックNO.31 スペイン 

  ~南部アンダルシア地方の旅~

P1013644

こんなものを買ってみました。(サービス価格:980円)

スペインの新幹線 AVE をはじめ、スペインの鉄道に乗ってアンダルシア地方を旅します。

DVDの季節は、春。

オレンジがたわわに実り、場所によっては、アーモンドの花、菜の花が咲いていて、綺麗に並べて植えられた延々と続くオリーブ畑、昨年訪れたときの雰囲気そのまま。しかも、行程も、そっくり。

なんだか、もう一度、旅したような・・・、昨年のことをいろいろ思い出したような・・・・

スペインでは、列車が遅れることは日常茶飯事らしいのですが、

このスペインの新幹線AVEは、定刻どおりに運行しているそうです。というのも、5分遅れると全額払い戻しとのこと。

~そりゃ、遅れるわけには、行きませんね。~

PS:昨年の「スペイン旅行」は、 右側のカテゴリーの「スペイン旅行」を、クリックすると、見ることができます。

恵みの雨

ポツ、ポツ、ポツ・・・・・・

ボタン、ボタン、ボタン、ボタン・・・・

我が家は、出窓が多いので、雨が降り出すと、音がする。

「わぁーい~! 雨だ! 少しは、涼しくなるぞ・・!」

雨が、とてつもなく嬉しく感じた。

今朝、私が出かける時には、やんでいた。

駅へ行く途中、家々のプランターの草花が、庭の木々が、とても、綺麗に、元気よく見えた。

プリンタ(続き)

プリンタの入院先から、電話がかかってきた。おお!もう修理が出来たのかと喜んだら、部品を探して取り寄せて修理すると、お盆を挟むし、あと2週間くらいかかるので、同じ修理代でMP610 (修理に出したのは、MP600) を 送るのでそれでどうでしょうか?とのことだった。

ちょっと、待って! 違うプリンタが戻ってくるってこと・・・また、パソコンに認識させて設定しなければならないとうこと・・・

うまくいかないときは、電話でサポートしますという言葉で、了承した。

こういう修理の仕方って、最近はよくあることなのだろうか?

中古品のプリンタ、一体どんなのが帰ってくるのだろう。

今度はプリンタが

先日、「アルゼンチンタンゴ」の映画を見たら、無性に「タンゴ」が聴きたくなって、CD(もちろん、あれ)をかけながら、パソコンを使って仕事をしていた。

1枚目は、きちんと印刷できた。その後、違う文書を作って、1時間後にまた印刷をしようとしたら、プリンタの電源が入らない。

コンセントがはずれたかな・・・でも、コードには、全然触ってないし・・・おかしいな、と思いながら、ラックの下にもぐって、違うコンセントにつないでみたけど、やっぱり電源は入らない。

朝の1枚は印刷できたのに、その後一体何が起きたんだろう?不思議で仕方がない。

ということで、今度は、プリンタが入院しました。

続きを読む "今度はプリンタが" »

アルゼンチンタンゴ

アルゼンチンタンゴ~伝説のマエストロたち~>を見てきました。

渋谷、東急文化村のル・シネマで上映中です。

はじめは、よくわからず、あまり面白くなく、眠くなりがちでしたが、後半からだんだん面白くなってきて、最後の大劇場での場面は、素晴らしかった。映画館が、まるでアルゼンチンの大劇場のようでした。

久しぶりに

お昼ごろ、スーパーへ買い物に出かけ、さあ、帰ろうとしたら、外は、土砂降りの雨。

「ええ!うそぉ! rain  rain rain 降ってる。!!!!」

<あああああ! 洗濯物が・・・・sportssports

とても帰れるような状況ではなかったので、仕方なく、ドトールcafeで雨が上がるの待って帰ることにしました。

帰れば、もう一度洗濯のやり直し、せめて降っている間はのんびりとお茶して帰ろう。

家について洗濯物を入れていたら、親指の爪に繊維が引っかかって、爪がポロリ。完全に折れていたので、全部切ってしまったら、深爪をしたような状態になって、これが伸びるまで一体何日かかるだろう・・・

<あああああ! 爪が・・・・・・>

当分本番はないけど、練習どうしよう!

付け爪か・・・・めんどうくさいな・・・・・

調子良かっただけに、ものすごく残念です。ほんの少し、1ミリにも満たなかったけど、傷が付いていたところに、衣服がひっかかったらしい。テープ張っとけばよかったと思ったが、後の祭りであった。

でも、 

夜は、子どもたちみんな集まって、次女の誕生祝をしました。

P7313654

P8013662_sh01

P8013664

チョコレートケーキエスプレッソ珈琲 おいしそうでしょ!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

無料ブログはココログ