« ギターリサイタル | トップページ | 里山からのおくりもの »

花のワルツ

チャイコフスキーの「花のワルツ」 どこかのCMにも使われていた、だれでも良く知っているおなじみの曲。

今、<クアトロ・クローバーズ>で、やっています。楽譜は、かの有名なロサンゼルス・カルテット編。そんな難しい曲を果たして、私に弾けるだろうか?とても、不安だったけれど、「少しずつやっていけば大丈夫」というほかのメンバー二人に、両手を引っ張ってもらい、もう一人に背中を押してもらいながら、なんとかやっていたら、だんだん面白くなってきました。

ソリスト4人のロサンゼルス・カルテットですから、アレンジも、4人が主役。どのパートにも主旋律があり、伴奏があり、アレンジがあり、という感じで、まさにフルオーケストラを4本のギターで演奏する仕組みです。まるで、ボールをパスしていくような連携メロディもあり、ボールがうまくパスされていくと、弾いていてとても楽しくなります。

自分自身は、指摘されたところがすぐには直せず、まだまだ練習しなければならないところがたくさんあるけれど、いい感じに仕上がるのでは・・・と、嬉しくなっています。

« ギターリサイタル | トップページ | 里山からのおくりもの »

津田倶楽部」カテゴリの記事

管理人の独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ギターリサイタル | トップページ | 里山からのおくりもの »

無料ブログはココログ