« 難波おこし | トップページ | 世界に輝く若きコンサートマスター »

ウィーン・プレミアムコンサート

トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン

~ウィーン国立歌劇場、ウィーンフィルのメンバーとその仲間たち~

 note序曲「フィンガルの洞窟」(メンデルスゾーン)

 noteヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調(モーツアルト)

 noteクラリネット小協奏曲(ウエーバー)

 note交響曲第4番(ベートーベン)

数日前、久しぶりにサントリーホールへ行きました。冷たい雨が降る日でした。でも、気持ちは、ワクワク・・・あのウィーンフィルのメンバーの生演奏が聴けるのですから。

バイオリン協奏曲の第2楽章が、とても綺麗でした。連日の睡眠不足とほんのわずかのワインのせいか、ともすれば、心地よく船をこぎそうになり・・・あわてて・・・

クラリネット小協奏曲も、クラリネットの音色が柔らかくものすごい指の動きに圧倒されながらみていました。(あのくらい正確にわずかなブレもなく動いたらいいなぁと思いました。)

そして、アンコールは、「トリッチ・トラッチ・ポルカ」(ヨハンシュトラウスⅡ世)、そう、運動会でおなじみの曲です。

ウィーンフィルなら、やはり、ヨハンシュトラウスが聴いてみたい、そんなお客さんの希望をみごとにかなえてくれました。しかも、アンコールの曲目の紹介は、日本語で!

« 難波おこし | トップページ | 世界に輝く若きコンサートマスター »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 難波おこし | トップページ | 世界に輝く若きコンサートマスター »

無料ブログはココログ