« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

宇宙人を見る目?

昨日の夕食時、なんとなくテレビがついていて、『レコード大賞』の番組が流れていました。

そして、なんとなくながめていました。新人賞部門をやっていたとき、横から子供が、

  「おかあさん!宇宙人を見るような顔して見てるよ!」

確かに、そんな顔してたかも・・・

~そして、今日~

『紅白歌合戦』 もしかして、 知っている歌手より、知らない歌手の方が、多い?

かつお菜

博多から届きました。  <かつお菜>

Pc303005

博多雑煮に欠かせないもの = かつお菜

一口に、「博多雑煮」といっても、ぶりが入る・入らないとか、あご出しを使う、使わないとか、その家々で、まちまちではあるのですが、共通しているのが、かつお菜ではないかと思います。

東京には、ありません。どんなに種類を豊富にそろえた八百屋にだって、ありません。

八百屋さん自身も、「かつお菜」なんて知りません。

なぜ、「かつお菜」というのでしょう・・?理由は、よくわかりません。博多雑煮のために作られている野菜のようで、クリスマスが終わったころから、店先に並び、10日から15日を過ぎると、もう、八百屋にはないと、昔、義母が、言っていました。

あまり癖のない野菜なので、残ったら、煮浸しや軽くいためて食べてもおいしいです。

年の瀬

クリスマスも終わり、街は、お正月へ向けて、準備が始まっています。

昨日の靖国神社は、全国の絵馬を飾る板が綺麗に作られていました。絵馬は、まだでしたが。

(注)靖国名物「大絵馬」とともに、全国の有名な神社の絵馬が、全部、飾ってあります。

そういえば、今日の日経新聞の付録は、お雑煮の特集。

ブログの画面も、一足早く、お正月モードに・・・

今、上映中の、「のだめカンタービレ」も・・・

仕事納め

官庁の仕事納めは、28日だけれど、私の勤務先は、昨日が仕事納めでした。とはいっても、窓口が完全に閉まるわけではないので、数人は、毎日、当番で出社します。

午前中、大掃除をして、午後、自分の周りを整理して、夕方、3部署合同(総勢73名)の、忘年会でした。非常勤・パートなども招待していただき、今年は、おいしい中華のフルコースをご馳走になりました。

来年も、ほんのわずかでも、役に立つ仕事ができるようになりたいと思います。

クリスマス

Pc233000

ビルの1階の正面玄関、大きなクリスマスツリーが飾ってあります。

気がついたのは、昨日。いつも地下鉄から、そのまま、地下の入り口から入るので、全然、知りませんでした。

今日、帰りに、あるものを見るために、(買うためではない。見るだけ)、伊勢丹へ寄りました。そして、地下から、駅へ行こうと、地下に降りたら、ものすごい行列ではありませんか。

いったい何の行例?と思って、よく見ると、「C3(シーキューブ) 最後尾」というプラカードのようです。「なるほど、クリスマスケーキか!」

それにしても、あの行列は、すごかった!

管弦アンサンブル

月に1回・2時間コースの、管弦アンサンブルは、毎年12月、その年の締めくくりをします。

今までは、聴きに行くほうでしたが、今年は、座る場所が、逆になり・・・・数曲弾きました。

いえ、正しくは、弾いている振りをしてるだけ。 練習していないので、弾けるはずもなく、

ギターは、上手な人ばかりだから、まっ、いいか、と安易で不謹慎なことを思い、

しかし、カルテットは、そうはいかないので、タバレットとタンボーラの練習をして、なんとか・・・・・

今年、1年のギターが終わりました。

最後の「講師演奏」・・ボッケリーニの「メヌエット」・バッハの超難しいオルガンの曲を、バイオリンとバスフルートとギターで演奏してくださいました。とてもすばらしかったです。

そして、楽しい打ち上げ。おいしいワインを飲んで、わいわいやっていたら、「来年の曲は・・」という声が、聞こえてきていました。

<今年の曲>

トリオソナタ(ハイドン)

ママがサンタにキスをした

私のかわいいハワイの月

鈴懸けの径 (鈴木章二&ピーナツ-ハッコー編)

16世紀リュートのための小品集(イタリア、作者不詳)・・・ギターカルテット

管弦アンサンブルコンサート

Img1

12月23日(水曜日・祝日)  15:00~  

新宿クラッセロビー  (地図)  地下鉄、新宿3丁目C8出口 直結

ランチやお買い物のついでに、お気軽にお立ち寄りください。

新芽が・・その2

Pc162932

これも、真ん中に新芽が出てきました。

この葉っぱ、実は、真っ赤な薔薇の花束のなかに入っていたものなんです。花束を花瓶に生けていました。薔薇は、枯れてしまったけれど、この赤茶色の葉っぱともうひとつの緑の葉は、綺麗だったので、そのまま花瓶にさしていたら、茎から根っこが出てきて・・・・

たまたま、空の植木鉢があったので、それに植えてやったら、新芽が出てきました。

~なんとなく、嬉しいような・・・~

たぶん、温かいところを好む植物だと思うので、寒くなってきて、赤茶色の葉が、茶色くなりかけているけれど、なんとか、冬を越してくれるといいな。sunsunsunsunsunsunsun

新芽が・・その1

公孫樹の木は、ほとんど葉を落とし、枝ばかりとなってしましました。

そんな中、「はまぎく」という植物は、枯れ枝のようになったものに、黄緑の芽がたくさん出てきています。

実は、花も終わったし、枝ばかりで、なんとなく汚い感じがするので、お正月前に、「葉ボタン」にでも植え替えようと思っていたのですが、こんなに新芽がついていると、捨てるのは、かわいそう・・・・もう少し、「はまぎく」と付き合ってみようかな。

Pc042926

新年を迎える準備

一昨日の朝、靖国神社を通ったら、靖国名物『大絵馬』が、できていました。

そして、昨日は、破魔矢やお守りなどを販売する臨時の場所を作り始めていました。

着々と新年の準備が始まっています。

参道の公孫樹並木は、散り始め、黄金のじゅうたんとなっていました。

この公孫樹は、お正月までにすべて脱ぎ捨て、枝だけになって、年を越すんですね。

フレンドリーコンサート

ギターアンサンブル・千留花<ちるか>

10周年記念 フレンドリーコンサート

12月12日(土)  14時開演  13:30 開場

千葉市生涯学習センター ホール

美しい女性のギターカルテットに加え、朗読・ラテン弾き語り・アルペンヨーデル・ハワイアン・フラ など、バラエティに富んだコンサートです。

Img_0001

Img_0003

詳しくは、千留花ホームページ をどうぞ

窓拭き

この週末は、久しぶりに何にも予定がない、本当の休日となりました。

さて、何をしよう・・・

映画を見ようか、美術館<パリに咲いた古伊万里の華>を鑑賞しようか、都内の庭園やイルミネーションを見に行こうか、

いろいろ考えた末、やったのは、家の窓拭きでした。

子供のころの習慣からか、12月になると、片付けなくちゃ、大掃除しなくちゃ・・・という気分になってしまうのです。

終わってやれやれと思っていたら、3時ごろから雨が降り出し、せっかく拭いてきれいになったのに、雨が当たるのはしゃくだし、ちょっと早いとは思いつつも、ガラガラと雨戸を閉めてしまいました。

メサイア

師走に入り、街は、どこもクリスマス。アドベントも始まりました。

だからというわけではないけれど、教会でメサイアを聴いてきました。

ソリストは、プロですが、合唱団は、一般公募で、子どもが今年歌うというので、・・・・

教会の入り口のリースが、とても素敵でした。

Pc012917

Pc012919

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

無料ブログはココログ