« 太陽と情熱の国スペイン <バルセロナ あれこれ> | トップページ | 太陽と情熱の国スペイン <フラメンコ> »

太陽と情熱の国スペイン <ピカソ美術館>

太陽と情熱の国スペイン  その16

<ピカソ美術館>

スペインについて、一番最初に行ったのが、マドリッドのプラド美術館でした。

そして、スペインで最後に訪れたのは、バルセロナのピカソ美術館でした。

予想以上に面かった。「ピカソの絵は、よくわからない。」と思っていたが、初期の頃の作品は、そうではない。年代順に説明して展示されているので、作風か変わっていった様子が良くわかる。ピカソツアー(オプション)だと、お金はかかるが、ガイド付きなので、よりわかりやすく面白いだろうと思った。(プラド美術館がそうだったから)

プラド美術館で見たベラスケスの「ラス・メニーナス」の絵をもとに、ピカソが、デッサンのような絵を何枚も描いている(連作)ことが、ビデオによりわかった。数日前、本物のベラスケスの絵をみたばかりなので、とても印象深かった。

絵のことは全然わからないので、他の美術館には行かなかったが、スペインには、数多くの美術館があるので、いろいろ訪れると、さまざまな発見があるだろうと思う。

ここでも、幼稚園くらいの子供たちが20人くらいきていた。おとなしく説明を聞いていたようにみえた。

プラド美術館もピカソ美術館も朝1番に行ったので、すぐ入ることができたが、見学して館を出るころは、長い行列ができていた。

今回は、行く機会がなかったが、マドリッドの「国立ソフィア王妃芸術センター」も、おすすめの美術館らしい。

« 太陽と情熱の国スペイン <バルセロナ あれこれ> | トップページ | 太陽と情熱の国スペイン <フラメンコ> »

スペイン旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽と情熱の国スペイン <バルセロナ あれこれ> | トップページ | 太陽と情熱の国スペイン <フラメンコ> »

無料ブログはココログ