« クロッカス | トップページ | 太陽と情熱の国スペイン <アルハンブラ宮殿> 世界遺産 »

太陽と情熱の国スペイン <カタロニア音楽堂> 世界遺産

Img_0001 画像は、大きくなりますよ。

太陽と情熱の国スペイン  その2

バルセロナにあるカタロニア音楽堂>

1905年から3年間に渡って建造されたコンサートホール。

ドメネク・イ・モンタネールの最高傑作。(世界遺産)

中は、見学ツアー(英語・スペイン語)を申し込むと見ることができます。写真・ビデオは一切禁止なので、絵葉書を読み取りました。

見学ツアーは、20分くらいのビデオを見て、(作ったときのこと、工夫、彫刻、関係者の声など)階段を登って、ロビー・ホールを見ながら、説明があります。

説明が良く理解できなくても、中を見るだけで、感激しました。素晴らしいです。

天井(光を取り入れるため)窓はステンドグラスで、柱には、凝った彫刻。

最後に、デジタル装置を埋め込んだパイプオルガンを聞かせてくれました。

P2252013

P2252016

これは、外観 道路が狭くて、全景は、入りませんでした。

そして、翌日の夜、ここで行われたコンサートへ行きました。

とはいえ、この素晴らしい大ホールではなく、地下にあるもうひとつのホールでしたが・・

でも、ボッテシーニ(1821-1889)という人の、コントラバス協奏曲という、珍しい曲を聴きました。アンコールは、コントラバスのソロ。

ほかに、メンデルスゾーンのシンフォニー9番、セルジオレンデーネ(1954)

 という人の、ヴァイオリンコンチェルト

休憩なしで、1時間~1時間20分くらい わずか12€でした。

このカタロニア音楽堂には、カフェがあります。ここは、誰でも入ることができます。

このカフェも、建物の中ですから、彫刻、壁、ステンドグラスなど素晴らしいです。

コンサートの前、このカフェに寄ったのですが、子供が、ちょっと変わった珈琲を頼みました。本人は、フレーバー珈琲のつもりだったようですが、出てきたものは、なんと、ホットの珈琲リキュールでした。それもかなり度が強いものでした。

ウエイトレスのお姉さんが、何回も念を押すかのように何か聞いてくるのですが、英語ではないのでわからず、~エイヤ~の気持ちで、YES と言ってしまったのでした。

    

« クロッカス | トップページ | 太陽と情熱の国スペイン <アルハンブラ宮殿> 世界遺産 »

スペイン旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロッカス | トップページ | 太陽と情熱の国スペイン <アルハンブラ宮殿> 世界遺産 »

無料ブログはココログ