« ひなまつり | トップページ | クロッカス »

太陽と情熱の国スペイン <スペイン料理>

太陽と情熱の国スペイン   その1

神様から休暇とチャンスをいただき、ギター弾きが一度は訪れてみたいと思うアルハンブラを訪ねることができました。(同行者:次女)

再び行くことはまず無いと思うので、旅行記にしたいと思っていますが、(いつ出来上がるかわからないので)記憶が新しいうちに、主なものを紹介したいと思います。

まずは、食べ物から、

日本を出国して、最初に食べたのは、おつまみ、とスパークリングワインと機内食。

成田を12時30分発 (ANA NH209便)だったので、機内食が出てきたのは、1時半ごろ。程よく、お腹も空き、おいしくいただきました。(最後のアルバムに写真があります。)

およそ12時間後、フランクフルトに到着。1時間程度の自由時間があり、まずは、外の空気を吸いに行きました。

P2211430 (クリックすると大きくなります)

まだ、真っ暗ではありませんでした。

外の空気を吸って、リフレッシュすると、ドイツビールとプリツェルを食べに・・・

P2211435_2    

P2211432_2

                                                         

イベリア航空〔予想通り、遅れました〕 に乗り継いで、ようやくマドリッド到着。

スペイン料理といえば、やはり、パエリア

P2211481

そして、生ハム

P2221580_2 生ハム、ハム、ソーセージは、ホテルの朝食(バイキンク形式)でも、5種類以上ありました。

初日は、珍しくてたくさん食べたのですが・・・・

だんだんと日がたつにつれ・・・

                                        

サルスエラ(スペイン風ブイヤベース)

P2252004  

  

など、

一つ一つあげていると、大変なので、まとめました。

コメントもつけていますので、読んでください。  では・・

スペイン料理編

↑ スペイン料理のアルバムです。

料理名は、最終日、添乗員さんが一覧表にして下さったので、それを転記しています。

料理は、とてもおいしかったです。

2・3若干塩味が濃いと思うものがありましたが、そのくらいの塩味は、日本でも良くあることなので、私個人の問題だと思います。そういう見方をすれば、素材の味を生かした、薄味が多かったといえるのではないでしょうか。生ハムなんかも、日本のものは、かなり塩辛いけれど、こちらでは、そうは感じませんでした。

また、海の幸を使ったものが多かったのは、とても嬉しいことでした。

« ひなまつり | トップページ | クロッカス »

スペイン旅行」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。
スペイン旅行、うらやましい限りです。
フランクフルトは、20年前に行きました。
なぜか、フランクフルトの町を夜半にうろうろして、ピザとアップルサイダーを飲んだ記憶があります。
我が家は、娘一人だけが、修学旅行で、昨日、イタリアに旅立ちました。
四泊六日の弾丸ツアーですが、念願のベネツィアとローマに行けて幸せそうです。
夫婦二人の休日初日は、阿蘇へドライブに行ってきました。
阿蘇神社周辺と俵山バイパスは、初めてのところでしたが、楽しい美味しいドライブでした。

こんにちは。
スペインの料理どれも美味しく見えます。
生ハムは・・・、やっぱり飽きますか?

Mさん、コメントありがとうございます。

お久しぶりです。読んでくださったのですね。

修学旅行でイタリアとは、とても豪華ですね。

夫婦水入らずの休日に、阿蘇山へドライブなんて、とても素敵じゃないですか。それこそ、ラブラブでうらやましい! heart01 heart01

Hiro さん、コメントありがとうございます。

スペインで食べた料理は、どれもとてもおいしかったです。
生ハムも、おいしかったんですよ。 

「飽きる」と言うより、昼も夜も、私にとっては普段食べていないような(普段は、粗食なもので・・)ご馳走だったのと、
スペインは、夕食が、夜の8時くらいからで、しかもゆっくり出てくるので、食べ終わるのは、10時半~11時ごろ、朝、お腹が空かないんですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ひなまつり | トップページ | クロッカス »

無料ブログはココログ