« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

アルモニコス コンサート 

アルモニコス定期演奏会

2009年3月1日(日) 16時開演 千葉市生涯学習センター・ホール

Img_0002

昨年は、お客さんが多すぎて、客席が足りず、俄かに客席を用意してから開演。

終わって帰ろうとしたら、強風のため、電車がストップ。

波乱の多いコンサートでしたが、今年は、どうでしょう???

曲目などの詳細は、アルモニコスのホームページをどうぞ。

付け爪

初めて付け爪をつけてみました。

と言っても、ネイルアートのようなおしゃれなものではなく、ギターを弾くため!!

「ちょっと遅めの新年会」や「リープラフェスティバル」の2~3日前の夜中、気が付いたら、中指の爪が折れていたんです。

1週間あれば、伸びるのをひたすら待つのですが、今回は2日しかなく、、アダージョのような曲なら、1本指で弾くこともできるけれど、今回の曲は、そうはいかないし・・・

ある方は、人差し指と 薬指で弾くと言われたことがあったけど、私にはできないし・・・

仕方なく(他によい考えが浮かばす) 翌日、爪を買いに行ったのです。でもどうやってつけるのか、どんなものを買ったらよいか、まったくわからず、売り場のお姉さんにいろいろ教えてらって、何も飾りの無いものを購入しました。

早速つけて、試してみると、思っていたよりはよかったです。ただ、長さの調節が難しい。使い捨てのつもりならいいけど、一度はずして、また使おうと思うと、つけ方によって微妙に長さが変わってしまうからです。

そういえば、ウクレレの人も付け爪だったらしく、演奏中、とれて飛んでいった人が、ありましたね。私だけじゃなかったんだ。・・・・と、ちょっと安心というか、ほっとした気がしました。

ちょっと遅めの新年会

津田倶楽部 「第8回 ちょっと遅めの新年会」 (2009年)

P2151425 

津田倶楽部の

 2月の恒例行事として定着した「ちょっと遅めの新年会」が、いつものように、いつもの場所で開催されました。

 例によって、オープニングは、ギターカルテットで華やかに(?)開会しました。

 始まる前、4人で(シジュウソウダン)していたら、ウクレレの方が、「あら今日は、グレーの衣装でそろえたの?・・」4人でお互いを見回して納得。偶然にも皆グレーだったのでした。私は、指摘されるまで、全く気がつかなかったのですが、気づいた瞬間、なぜか、

<今日、上手くいく!>と確信したのでした。

ギター・ソロ、ウクレレ・ソロ、ウクレレ・アンサンブルなどの演奏の後、乾杯。

 この会の醍醐味は、この後です!

毎年、<あ!>と思う趣向や、<さすがだなぁ>と思うものなどさまざまです。

 はるばる青森から毎年参加していらっしゃる先生は、「大聖堂 第1楽章」と「アンダルイサ」を披露してくださいました。(時間の関係で、第1楽章だけになってしまったので、続きは、夏の合宿で・・かなぁ?・・なんて、期待したりして・・・・・

   (*^_^*)

 ある男性の方は、先生のギターの伴奏で、アランフェスをトランペットで演奏してくださいました。思いがけない曲を思いがけない楽器でのコラボレーションでした。

 P2151401ed P2151404

そして、フラメンコの踊り、先生のギターと若い人の手拍子に合わせて、華麗に踊ってくださいました。

 さらに、山梨の先生は、ウクレレで、「与作」と「ラ・クンパルシータ」を披露。どちらも、ウクレレではなく、小さなギターという演奏。素晴らしかったです。「与作」のときは、後ろのほうから、「ヘイヘイホー」という声も聞こえていました。

 後半は、「スペインもの」というお題があったそうです。

 他にも、弾き語りや、フラダンスなどいろいろありました。

 そして、最後は、全員合奏、今年は、「アルハンブラの思い出」でした。

あんな難しい曲をみんなで??ウクレレの人は??とお思いでしょうが、そこが、「おとなかま 津田倶楽部」の 最も魅力的なところです。ちゃんと楽譜があり、いろいろなパートが用意されているので、自分の好きなところを弾けばいいのです。もちろんギターの人は、ソロでも。(誰も弾かなかったけれど)

リハーサルなし・リピートなし・ぶっつけ本番のやり直しなし、みんなで弾いて、最後の音を全員で一緒に止めたあと、終了のチャイムが鳴りました。

   

Img_0001

津田倶楽部 「第7回 ちょっと遅めの新年会」(2008年)

続きを読む "ちょっと遅めの新年会" »

家族チョコ

heart01heart01heart01今日は、バレンタイン。 heart01heart01heart01

ひところは、本命チョコ・義理チョコが大流行でした。職場での義理チョコも最近は下火。

それに代わって、今年は、自分チョコ・家族チョコ・友チョコが大流行のようです。今日、TVでも、若い女性が、「こんなときでないと、高級チョコを口にする機会は無いので、自分のために買う」と言っていました。

さてさて、私が買ったのは、もちろん、家族チョコ 

その1 

P2141339   P21413431

鉄道マニアの家族へ

その2  

P21413371  ねずみ年の子供へ、フェアリーマウスチョコ

食べるのが惜しいくらい、可愛いんです!!(*^_^*)

P21413471 P21413461

P21413521 P21413591

その3 

P21413611

P21413631

就職している子供から届いた、母へのチョコでした。(* ̄ー ̄*)

桜が待ち遠しい・・・・

今日は、日差しがなく、どんよりと曇った一日でした。

花粉が飛び始め、花粉症の人には、いや~な季節ですが、でもそれは、春が近づいた証拠。

桜の便りが、待ち遠しくなってきました。

オリオン座

今日は、日差しがあって、家の中は暖かだったけれど、外は、風が強く寒い1日でした。

その強風に空のほこりが吹き飛ばされたのか、オリオン座がとてもきれいに見えました。

純かすてら

~我が家のお気に入り~

 ~私のお気に入り~  小江戸 佐原 新名物 『純かすてら』

P2011296 P2011297_2

この『純かすてら』は、なんと、ビートルズを聴きながら熟成しているらしい!

朝採りの卵を使って焼いたカステラに、地元の純米吟醸酒「すいごうさかり」を染み込ませた、カステラというより、酒ケーキです。

キメがとても細かく、しっとりとしていて、甘さもちょうど良くとてもおいしいです。

岩手県盛岡市の郊外にある砂田家の「酒ケーキ」ととても似ています。

立春

今日は、立春。暦の上では春です。

とはいっても、まだまだ寒いけれど、・・

ブランターをよ~く観たら、クロッカス・チューリップ・ラッパ水仙の芽が出ていました。

植物は、ちゃんと春を感じているようです。

チューリップとラッパ水仙は、昨年の秋に新しく植えたものですが、クロッカスは、一昨年のもの。

ズボラな性格なもので、球根を堀上もせず、そのまま夏を越し、1年たちました。

花が咲きますように・・・・

P2041301 クロッカスの芽

P2041303 ラッパ水仙

P2041304 チューリップ

そして、花芽も

P2041312

みなとみらいアマチュア室内楽フェスティバル

2009年2月21日(土)17:00~

2009年2月22日(日)15:00~

Img_0003

”KOMIKI” が、テレマンの「トリオ・ソナタ」を演奏します。

ハイドン/チェロ協奏曲 第1番

杉並弦楽合奏団の定期演奏会で、

ハイドンの、『チェロ協奏曲第1番』を、聴きました。ソリストは、高田剛志(たかだつよし)

ビブラートのかかった艶のある伸びやかな音色で、とても優雅な感じがしました。

アンコールとして、「浜辺のうた」、バッハのヴァイオリンの曲より、「アンダンテ」を弾いてくださいました。

そして、もうひとつ、指揮者は、若い女性 田中祐子。

お二人とも、いろいろなところで活躍されています。

最高の午後の2時間でした。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

無料ブログはココログ