« 還暦コンサート | トップページ | 時計の話 »

新潟合宿

P9071265ed

毎年恒例の新潟合宿が、越後湯沢(正確には、南魚沼市六日町でありました。

今年は、久しぶりに参加してみることにしました。そのきっかけは、・・

まだ暑くなる前、1通のメールが届きました。   

<今年の新潟合宿はどうしますか?私は行くつもり!朝の連続テレビ小説「瞳」のテーマ音楽を、ギター三重奏にアレンジするから、一緒にやろう!>

という内容。ほかならぬユリちゃんのお誘いなら、ぜひ、行かねばということで・・・

久しぶりに行くと、懐かしい顔ぶればかり。新潟と山梨と東京(指導者も複数)

「あら!お久しぶり、お元気?」

「ギターは、上手にならないけど、元気よ!」

そんな会話をしながら、グループ別レッスン。グループごとに曲もさまざまで、「瞳」「崖の上のポニョ」「マンドリン協奏曲」「コラール」「ハワイアン」(歌とフラダンス)とバラエティ豊か。楽器も、ギター(クラシック・アコースティック) ウクレレ、ベース、チェロ(先生)、など。

午後は、フラダンス教室もありました。

夜は、お膳料理、ビールはもちろん、新潟の地酒や山梨のぶどう酒(一升ビンに入っている)なども、味わいながら、フラダンスやフラメンコを鑑賞。他にもいろいろ・・

参加者にフラメンコを踊られる方がいらっしゃって、先生のギターと若い人の手拍子に合わせて踊りを披露してくださいました。

フラダンスは、以前私が参加したときには、フラの先生と一緒に踊っていたタマちゃんが、今回は、先生が出産子育てで来られないため、一人で踊ってくれたのですが、とっても上手になっていて、びっくりしました。美人でスタイルがよく、小柄なタマちゃん、色気たっぷりで、うっとりと見とれてしまいました。衣装も、とてもタマちゃんに似合っていました。

フラダンスのときの音楽も素晴らしく、ハワイアンの歌がとても上手な方が何人もいらっしゃいます。

6時過ぎに始まった夕食会、気がつくと10時少し前、あっという間でした。

翌日は、グループごとの発表会、

ほんの数時間の練習で、どのグループもよくまとまっていると思いました。皆さん上手な方ばかりだから、やっぱりちがうなあ・・と感心することばかりです。

三国ダム(「さぐりダム」と読む) へ行って、昼食のはずでしたが、雨で中止。

お蕎麦屋さんへ直行となりました。

P9071274ed_3

このお蕎麦屋さん、わさびではなく、からしがついていました。そばつゆも煮干だしでした。けっこう煮干が効いていました。

山梨の方々と別れて、越後湯沢駅へ、

新潟の人に「また来年会いましょう」と、見送られて新幹線へ。

とっても楽しい二日間でした

« 還暦コンサート | トップページ | 時計の話 »

津田倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 還暦コンサート | トップページ | 時計の話 »

無料ブログはココログ