« 江戸東京たてもの園 | トップページ | いちご大福 OR おはぎ »

上から弾いても、下から弾いても

「上から読んでも、下から読んでも、山本山」 なんていうCMが、昔ありましたが、

上から弾いても、メロディー。下から弾いても、メロディー。」しかも、「二人で弾けば、二重」という楽譜を教えてもらいました。

「gakufu.pdf」をダウンロード  note 楽譜です。

昔はきっと、テーブルの上に楽譜をおき、両側に、二人座って弾いて遊んだのでしょうね。

一体、どんな曲になるのでしょう??

PDFを開いてみると、ト音記号が、左右についていて、さかさまにして見ても、きちんと読めることがわかります。

印刷も可能です。ぜひ、印刷して、歌うなり、楽器で演奏するなり、やってみてください。

単旋律ですから、ピアノはもちろん、フルートでも、ピアニカでも、お子さんのリコーダーでも、何でも演奏できます。

楽譜を真ん中において、誰かと、二重奏をやったら、面白いです。ピアノだったら、連弾にしてはどうでしょうか。

楽譜は、弾いたり、歌ったりする分にはかまいませんが、他のことには用いないでくださいね。(著作権とのかかわりのため。)

« 江戸東京たてもの園 | トップページ | いちご大福 OR おはぎ »

管理人の部屋」カテゴリの記事

コメント

下から弾いてもっていうのは、楽譜をひっくり返すんですね。
面白い!

そうなんです。楽譜をひっくり返す(逆さまにして見るから、向かい合って弾くと、ちょうどいいんですね。

やってみてください。面白いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸東京たてもの園 | トップページ | いちご大福 OR おはぎ »

無料ブログはココログ