« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

メンバー紹介(9) マダム・アツコ

マダム・アツコ  賛助会員

兵庫県宝塚市在住

オーノギターの主力メンバー。いつも、スピカを影から応援し、励まして下さる方です。

スピカの大きなコンサートのときは、いつも、宝塚から、駆けつけてくださいます。

後に紹介する、ハツエちゃんは、マダム・アツコのラミレス・ギターを譲り受けて、今も美しい音色で弾いています。

メンバー紹介(8) コヤマ・ママ

ここで、賛助会員を紹介します。

コヤマ・ママ  賛助会員

大阪府豊中市在住

長年オーノギターで、勉強されていましたが、福岡へ転勤。福岡時代も、月に1度、新幹線でレッスンに通うほどの熱心さでした。

福岡で最愛のご主人を亡くされ、自分の生まれ育った東京・ご主人が眠られる東京へ、福岡の豪邸を処分して引っ越してこられました。

それから、スピカとの交流が始まりました。

年齢が、少し上で、私の母と同じ年だったので、コヤマ・ママと呼ばせてもらっています。

スピカで、コンサートなどがあると、いつも来ていただき、母親のように面倒をみていただきました。

東京には、友達がいないため、アンサンブルの仲間が大勢いる大阪へ行くことになり、今は、大阪に住んでいらっしゃいます。スピカの誰かが、大阪に行くと、コヤマ・ホテルに早変わり。お世話になっています。

いつも、スピカをひいきにしてくださり、今もいろいろと応援してもらっています。

世田谷洋楽連盟

今日は、世田谷区砧公園内にある、世田谷美術館へ行って演奏をしてきました。

美術館なのですが、中に、とっても素敵なホールがあります。扇形をしていて、壁と天井に木が張ってあるので、響きがよく、とても演奏しやすいホールでした。

参加団体は、5グループ、ギターアンサンブル3・弦楽のグループ1・カントリーウエスタン1です。

弦楽のグループは、オーボエ奏者を迎えて、オーボエ協奏曲をなさいました。オーボエが、すばらしかったです。(もっとも、音大出の人ですが)

カントリーウエスタンのグループは、カントリーダンスを披露されました。ステップが中心のダンスです。

ギターの練習に疲れて、気分転換をするには、ちょうどよいかも・・・・・

メンバー紹介 (7) ユキちゃん

ユキちゃん  正会員

東京都 世田谷区在住

2005年より スピカのメンバーとなる。

実は、メンバー紹介(5)・(6)・(7)の、ヒロちゃん・エミちゃん・ユキちゃんは、同じ敷地内に住む親戚なんです。

2004年に、「アンサンブル・スピカ 20周年記念」コンサートを行いました。その時。この三人とメンバー紹介(3)のタケちゃんの4人が、いろいろと手伝ってくれたのです。

ユキちゃんは、転勤で東京へ戻ってきた直後でした。

ユキちゃんも、大学時代、ギターをバリバリ弾いていたのです。

スピカのコンサートを聴いて、ユキちゃんは、昔の記憶がよみがえり、また、ギターを弾きたくなりました。

それに啓発された、エミちゃん、(ユキちゃんが始めるなら、私もやろうかなぁ・・・と。)

「ギターやりたいんなら、一緒にやろうよ」とヒロちゃん。

そこで、世田谷トリオ(別名:奥沢組)を結成。時にはメンバー紹介(2)のタケちゃん(同じ、世田谷区なので)を入れて、カルテットにすることも・・・

1年間一生懸命練習して、思い出し、あるいは、技術を身につけて、翌年がら、スピカの正式のメンバーになったのです。

親戚が集まるお正月には、殿方をお客さんに、コンサートを開催したと聞いています。

団結力の強さには、目を見張るばかり。さすが、血のつながりは、強いですね。

メンバー紹介 (6) エミちゃん

エミちゃん  正会員

東京都 世田谷区在住

2005年より、スピカに加わる。「アンサンブル・スピカ、15周年記念コンサート」のときより、先に紹介したヒロちゃんと裏方をやってもらう。

エミちゃんは、大学のとき、ギターサークルに入っていて、すごいキャリアの持ち主だったのですが、本人は何も言わず、誰も知らなかったのです。

スピカに入るきっかけとなったのは・・・・  

次へ

メンバー紹介 (5) ヒロちゃん

ヒロちゃん  正会員

東京都世田谷区在住

正規のメンバーとなったのは、2年前ですが、ヒロちゃんとスピカのお付き合いは、15年前からです。

およそ、15年前、原宿の「ユニオンチャーチ」で、「アンサンブル・スピカ 10周年記念コンサート」を、行いました。

その時、裏方の仕事を一手に引き受けてもらい、メンバーは、ただ、演奏のことだけを考えればよいようにしてくれました。それ以来、スピカで何かあるときは、専属のマネージャーをやっていただきました。

ずーと・ずーと前から、こっそりとギターを練習していたらしいのですが、「スピカに入りたい」と言い出だせず、時が過ぎてしまったのです。

スピカに入ることになったきっかけは・・?

それは、次に紹介する、エミちゃん・ユキちゃんと深い関係があるのです。

メンバー紹介 (4) チヨちゃん

チヨちゃん  正会員

千葉県習志野市在住。

なんといっても、スピカで一番面白いキャラの持ち主。

誰にも彼女の真似はできません。

スピカへ入りたてのころ、「え!え!」と思うこと。「まじ? まじ? まじ、本当なの?」と思うことがしょっちゅうありました。

今では、すっかり免疫ができ、以前ほど、驚くこともなくなりましたが・・・

ですから、チヨちゃんがいるだけで、雰囲気が明るくなります。楽しくなります。元気が出てきます。

チヨちゃんは、バリオスが大好きで、バリオスの曲なら何でも・・というくらいいろいろ弾いています。

今度、ぜひ、「森に夢見る」を聴かせてね・・・

先月は、ずーっとギターを弾いていると、手がだるくなったり、腰が痛くなったりするので、「スピカ体操」なるものを考えてくれました。もちろん、音楽の伴奏付。

「スピカ体操」をして、リフレッシュして、さあ、また、練習をはじめましょう!!

メンバー紹介 (3) タケちゃん

タケちゃん  正会員

東京都世田谷区在住。

「私が一番長老よ!」とおっしゃっていますが、いえいえ、そんなことはありませんですよ。

大阪から東京へは、ずいぶん昔に引っ越されていたのに、「スピカにはいって、平均年齢を上昇させては申し訳ないし、まだまだ、今の状態では、スピカについていけないから、もっと練習してうまくなったら、入れていただくわ。」とおっしゃり、ひたすら練習をされ、2005年より正式のメンバーになられました。でも、ずっと前から、スピカの記念コンサートなどでは、裏方などを手伝っていただいていたので、ずーっと一緒にやっているのと同じです。

とても落ち着いて、さすが、年の功人生の先輩として、頼れる存在です。

練習は、とても熱心。自分が納得するまで、何度でもやってみる。わからないことは、わかるまで質問する。

この情熱には、本当に頭が下がる思いです。

見習って、練習しなければなりません!!

メンバー紹介 (2) カメちゃん

カメちゃん (正会員)

東京都江東区在住。

スピカでもっとも若いメンバー。異色の入部です。

普通、スピカに入ってくる人は、関西で大野ギターで習っていた人です。

転勤などで、東京へ引っ越してきて、ギターが続けたくて、オーノ先生がいらっしゃるなら・・とスピカに入るのです。

ところが、カメちゃんは、まったくの新人、しかもギターに触ったことさえないという初心者。では、なぜ入ってきたかというと、実は、お姑さんが、オーノ先生に習っていらしゃったのです。先生の人柄に惹かれ、嫁を東京のグループに是非入れてほしいという希望で、スピカへ入ってきました。

本当の初心者で大丈夫かしらと心配しましたが、それは取り越し苦労。

頭の回転がよく、リズム感は抜群、見る見る弾けるようになって、今では、貴重なメンバーです。特に、少々おっちょこちょいのパートリーダーを脇でしっかりささえ、補佐するという大役をおおせつかっています。

数年前の「スピカ・クリスマスコンサート」では、『小さなロマンス』をとても魅力的に演奏しました。

メンバー紹介(3)へと続く

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

無料ブログはココログ